便秘解消、デトックス効果に期待。大腸を刺激して動きをスムーズに【美腸エクササイズLesson5】

ボディ
いいね! 11件

大腸の働きが悪くなり、不要なものが溜まってしまうと、肌荒れやむくみにつながりやすくなります。どんなにダイエットを頑張っても痩せにくい状態になっているのです。そこで、フットネスクラブ「ティップネス」で人気の美腸エクササイズの中から、便秘解消に役立つ腸もみを紹介します。

Image title Lesson5 
大腸を直接刺激し、排便を促す

小腸で必要な栄養素が吸収され、残りのカスが大腸へと送られてきます。蠕動運動が正常に行われていればスムーズに排出されますが、動きが悪いとたまってしまいます。動きをよくするために、流れに沿って押し出していきます。特に左下は念入りに行ってください。 美腸エクササイズLesson1~4の記事を見る>>>

エクササイズのHOW TOはコチラ↓

左側を下にして足をのばして横になります。右足は膝を曲げて左足の上にのせます。左腕は頭の下でも、のばしたままでも楽な状態でOK。必ず左側が下からはじめてください。

腰骨の上に手を置きます。親指は背中側、4本の指は腹部に当ててお腹をつまむように強くもむのがコツ。腰骨から肋骨の下までの3カ所をつまむように5回もみます。

次に右側を下にして横になります。右足は真っ直ぐのばし、左足の膝を曲げて右足の上に乗せます。横向きになることで脇の肉が下がり、腸へ刺激が届きやすくなるのです。

左側をもむときは肋骨の下からスタート。腰骨に向かって3カ所を順番につまむようにもみます。腰骨の上はギューッと強めにもみましょう。右側同様、5回もんで。

【担当者からのアドバイス】
腸はお腹のなかで右から左へ1周しています。特にカーブとなっている角の部分に便がたまりやすいので、肋骨下と腰骨の上を重点的にもむといいでしょう。左下には便の待機場所なので、便秘で悩んでいる人は集中的にもみ込んで下さい。エクササイズを行ったあとや、入浴後の体が温まっているときに行うとより効果的です。また、食物繊維や発酵食品、水分を積極的にとることも美腸にとって大切な要素です。

美腸エクササイズはティップネスの店舗でも実施!
日本美腸協会とティップネスが共同開発したオリジナルプログラム「美腸エクササイズ」。腸を間接刺激する「体操」と、直接刺激を与える「もみ」を組み合わせて腸の正常化を目指す20分間のプログラムです。トレーナーにサポートしてもらいたい人は、コチラの詳細をチェック>>>


撮影/廣江雅美 モデル/麗子(チーム★美セレブ) 取材・文/岩淵美樹

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN