テニスボールとタオルで! 10秒でできるヒップほぐしの簡単ストレッチ

ボディ

「MAQUIA」6月号から、「美尻」トレの前に行いたい簡単エクササイズをご紹介。テニスボールとタオルで、コリを感じるところを集中ケア!

Image title

パーソナルトレーナー

岡部 友さん

おかべ とも。1985年12月6日生まれ。横浜市出身。株式会社ヴィーナスジャパン代表取締役。女性専用ジム『Spice up Fitness』を3店舗経営。アメリカで運動生理学、解剖学を学び、プロアスリートに指導できるスポーツトレーナーが保持するNSCA-CSCSの資格を取得。


まずはあなたのお尻タイプをチェック! ページはこちら⇒☆☆☆


 「美尻」トレの前に知っておきたい 
正しい骨盤の位置が重要!

骨盤の前傾、後傾が美尻には大きく関わっている。正しくゆがみのない骨盤の位置をしっかり知ること。

Image title

骨盤がゆがんでいない状態

お尻の筋肉をバランス良く使えるとこのようにまっすぐキレイな骨盤の位置に。これが美尻の鉄則。


Image title

骨盤が後傾している

お尻の筋肉が凝り固まってうまく使えていないことで後傾に。タレてだらしないお尻に。


Image title

骨盤が前傾している

腰の反った出っ尻はお尻の筋肉と腹筋がうまく使えていない証拠。腰痛を起こす原因にも。


「美尻」トレの前にコリを
感じるところを集中ケア

 全尻タイプ共通 ほぐしのストレッチ5 

硬くなったり緩んだりした筋肉をきちんとほぐし、リセットしてからエクササイズを行うのが岡部流!

美尻トレの前は必ず
筋肉をほぐして伸ばす

トレーニングの前は必ずほぐしのストレッチを。凝り固まった筋肉を緩めることで、トレーニング時に余計な力が入らなくなり、狙い通りの筋肉を動かせるようになります。テニスボールを使う124の動作は、コリや違和感を感じる場所を探しつつ、それぞれ10秒ずつ行って。

Image title

テニスボールと
タオルを用意

テニスボールは凝りにダイレクトに。タオルはストレッチ効果を高める。

1 テニスボールで
 腸腰筋ほぐし 

うつ伏せで上半身を起こした姿勢になり、脚の付け根からおへその横あたりまで、テニスボールを押し当てながら移動。逆側も同様に。

2 テニスボールで
 ハムストリングスほぐし 

両手を後ろにつき左側の太ももの下にテニスボールを押し当てて、付け根から膝裏あたりまでボールを移動させ刺激する。反対側も。

3 股関節の筋肉伸ばし
 腸腰筋ストレッチ 

右膝を立てて左膝を床につく。左手を上げておへその左横から股関節の付け根までの筋肉を呼吸を止めずに伸ばす。逆側も同様に。

4 テニスボールで
 中殿筋ほぐし 

膝を立てて座り、両手を後ろにつく。左のお尻下にテニスボールを置いて左足を右膝の上にのせ、ボールに体重をかける。反対側も。

5 タオルを使って
 ハムストリングス伸ばし 

上に上げた左脚の足裏にタオルを引っ掛けて胸に引き寄せるように引っ張って伸ばす。反対側も。出っ尻はやらなくてOK。


MAQUIA6月号

撮影/資人導〈vale.〉  ヘア&メイク/信沢Hitoshi 取材・文/通山奈津子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN