太りようがない【舌痩せダイエット】お腹がペタンコになった実例付き

ボディ
いいね! 5件

「MAQUIA」6月号では「食べて痩せるダイエット」の特集を掲載中。今回はつい脂っぽい食事や糖質を摂り過ぎる人におすすめの「舌痩せダイエット」を紹介します。

Image title

つい脂っぽい食事や糖質を摂り過ぎる人に

舌を洗濯して味覚を変える!

舌痩せダイエット


お話を伺ったのは……

医学博士 石川善樹先生
東京大学医学部を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院修了。エビデンスを重視し、最新かつ最善の健康情報を発信している。著書に『最後のダイエット』。


舌痩せとは?

ダウナー系の味覚で美味いと満足できる脳にすること


味覚には2種類あり!

Image title

脂、糖、塩の3種類からなる食べ物

Image title

昆布、かつおぶし、煮干し、干し椎茸、貝類、野菜などの旨味の効いた食べ物


脳が感じる味覚を変えれば太らない!

「味覚は舌で味わうという先入観が強いですが、実際は脳で感じるもの。その脳が感じる味覚にはアッパー系とダウナー系があるのですが、ダイエットの敵は言わずもがなアッパー系。脂と糖で高カロリーなうえ、脳が興奮して食べれば食べるほどもっと欲しくなるという特徴が。対照的にダウナー系は脳の興奮が収まり、深い充足感と共に食事を終えることができます。つまり、アッパー系を美味いと感じる脳から、ヘルシーなダウナー系の食べ物を美味しいと感じる脳へ変えれば、太りようがないのです。これが舌痩せです」


 ルール&メソッド 

1

旨味のある食べ物を最後に食べる

Image title

野菜→主菜→主食→汁物の順で食べると血糖値の上下動が少なく、少量でも満腹に。また最後にだしの効いた汁物を食べると、深い満足感とともに食事を終えられるので、食べ過ぎを防げます。


2

薄味を心がけて、味覚を鍛える

Image title

味覚は筋トレとは逆で、刺激が弱いほど鍛えられるもの。薄味で旨味を探す訓練をすると、味覚が鋭くなり、ダウナー系の食べ物に美味しさを感じやすくなる!


3 

香りと食感を楽しんで、満足感UP

Image title

食べ物を口に入れた時、のどの奥から鼻にぬけるにおいも味覚のもとに! つまり香りを楽しめば、食事の満足感がアップ。食感も、味覚を構成している要素。食感を味わえる食材を積極的に摂ろう。


【次のページをチェック!】ライターが実践! 舌痩せダイエット日記はこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN