脳のダマし方をマスターして、万年ダイエッターから卒業しよう!

ボディ
いいね! 0件

食事制限や運動をしても一向に痩せないのは脳をコントロールできていないからだった! ダイエットを楽しむ!? 3つの心得を伝授します。


 


脳科学者

篠原菊紀先生

諏訪東京理科大学共通教育センター教授。脳科学、健康教育学を専門とし、テレビ番組の監修や『脳トレダイエット』(白夜書房)など著書も多数。

 


何度やってもリバウンド三昧

⇒リバウンドを恐れるな! 七転び八起き

Image title

「ダイエットはやめた瞬間にリバウンドします、必ず! なぜなら人体は、そういうふうに作られているから。だからといって、ここで絶望するのは早いです。どんなダイエットも100%リバウンドするものと知れば、リバウンドしたときのショックが和らぎませんか? “あぁまた戻ったのね。次、次”と軽く考え、継続さえすれば、また未来はあるのですから」と篠原教授。


 


痩せているのに大食いの友人を見ると「なぜ私は!」と悲しさが……

⇒体型は遺伝が7割強。自分の理想体型を

Image title



 

篠原教授「まだ解明されていない部分も多いのですが、痩せ型や肥満型などの体型は7割は遺伝的条件で説明がつくといわれています。痩せ体質の人は遺伝的に基礎代謝の量が違うのです。さらに、遺伝の影響は年齢を重ねるごとに強く現れる傾向が。よく年をとったら親に似てくるといいますよね? それと同じ。努力で痩せの大食いになろうと思っても叶わないので、自分なりの理想の体型を見つけましょう」。


 

いつも三日坊主。ジム通いが続きません

⇒自分を褒め称え、脳に快感を覚えさせる

Image title


 

篠原教授によると「人間の脳は実に単純で、気持ちいいことや楽しいことは継続したくなるもの。三日坊主を防ぐには『快感』を感じるポイントを作ればいいのです。例えば、小さな目標を立てて達成する喜びを味わうとか、人に褒めてもらうとか。褒めるのは自分自身でも構いません。その場合はなるべく声に出して、耳から認識させるのが効果的」とのこと。


 

脳を上手にダマシながら味方につけて、楽しくダイエットを続けましょう!


 

MAQUIA2015年6月号

イラスト/3rdeye  構成・文/火箱奈央(MAQUIA)


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN