睡眠不足&腸内トラブルが太る理由だった! ダイエットの盲点を今すぐ見直し

ボディ
いいね! 1件

「MAQUIA」4月号では、太り方を脂肪太り・水太り・筋肉太りの3つにタイプ分けし、「あと1ヶ月で痩せるダイエット」特集を掲載中。今回は全ての太り方タイプに共通する太る理由と対策&改善法を紹介します。

Image title

【お話を伺ったのは…】

ボディワーカー 森 拓郎さん

rinato代表。モデルや女優など、体を資本とする女性を中心に足先から顔までのボディメイクを指導。

睡眠コンサルタント 友野なおさん

睡眠を改善して10kg以上のダイエットに成功した経験を持つ。著書に『きょうの睡眠ダイエット』など。



眠りの質はすべて体型に現れる!

睡眠不足

時間が増やせないなら深く眠れる環境づくり
善玉菌を増やして、腸のぜん動運動を促進「理想的な7.5時間睡眠に対して6時間で23%、5時間では50%、4時間なら73%も肥満度がアップしてしまいます」(友野なおさん、以下T)その原因は、ホルモン分泌の乱れ。「食欲を刺激するグレリンが14.9%増、食欲を抑えるレプチンが15.5%減。平均25%も食欲が高まる計算に。さらに脂肪分解を促す成長ホルモンの分泌が足りず代謝が低下します」睡眠時間を確保するしか術はない?「環境を整えて睡眠の質を高めれば時間が確保できない分も補えます!」


心地よい眠りへ導く5つのポイント

快眠につながる寝室環境のポイントは、「視覚」「聴覚」「温熱感覚」「触覚」の心地よさ。今日から実践して朝までぐっすり♡


強い光には覚醒作用あり

夜は暖色系でリラックス
暗闇で眠るのがベスト。灯りがないと眠れない人は足元側にほのかな灯りを。就寝1時間前には暗めの暖色系照明にすると眠りモードに。

Image title

(右)人を感知して点灯。寝室だけでなくトイレや廊下にも。LEDセンサーライト ¥1112/無印良品 池袋西武 (左)光の揺らぎが心地いい電池式のLEDキャンドル。ルミナラ S アイボリー ¥4000/グリーンエージェント


眠りにはモーツァルトが効く

睡眠前に音楽を聴くなら、モーツァルトがおすすめ。「モーツァルト特有の高音は心にもいいと言われ、欧米では療法として使われています。ただし深く眠るために睡眠中は無音が基本」(T)


香り

眠れない夜は香りを身にまとって

心地いい香りには、入眠促進効果があるのだそう。「寝つきが悪いときは、好きな香りをデコルテや手首などに塗ると効果的。アイテムは精油やボディクリーム、ルームスプレーなど何でもOK」(T)


温・湿度

温・湿度を調整して眠りを深く

「冬なら室温19〜21℃、湿度60%を保つといいですね。口呼吸で肺を冷やすと睡眠の質を低下させるので、眠るときはマスクをつける習慣を」(T)

Image title

触覚

分厚いルームウェアで寝ないで!

「スムーズに寝返りがうてないと、ゆがみやむくみの原因に。触り心地がよくて締めつけず、吸放湿性&保温性のあるセパレートタイプのものを選んで」(T)

Image title

肌触りはもちろん吸湿性や通気性、保温性もバツグン。マシュマロガーゼ®ストライプレディースパジャマ ¥18000/内野


【次のページをチェック】睡眠の質をぐんとアップしてくれるサプリ&ドリンクはこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN