ポッコリお腹やむくみを改善!内もも、ヒップ、下腹部の筋力UP【美腸エクササイズLesson3】

ボディ
いいね! 15件

気になるポッコリお腹やむくみを改善するためには、腸を整えることが近道。食生活の見直しと同時に、腸を活性化させるエクササイズを取り入れましょう。フィットネスクラブ「ティップネス」で人気の美腸エクササイズの中から、自宅でも簡単にできるエクササイズを教えてもらいました。

Image title Lesson3 
腸刺激と筋力アップがかなうスクワットツイスト

腸の動きを活発にするためのウエストひねりと、腸を支え排便力を高める筋力アップを組み合わせたエクササイズです。内もも、ヒップ、下腹部が鍛えられるので、下半身のシェイプにもつながります。 美腸エクササイズLesson1・2の記事を見る>>>

エクササイズのHOW TOはコチラ↓

つま先を外側に向け、両足を大きく開いて立ちます。目安は肩幅の2倍。膝がつま先より前に出ないように腰を落とします。膝を曲げた時に上半身が前に倒れないように注意して。

膝を曲げた状態をキープし、体をひねり両手を左足の太ももに置きます。胸を左足の太ももに寄せて3秒キープ。背筋はのばしたままで、丸まらないようにしましょう。

一度、体を起こし右足の太ももに両手を置きます。太ももに体重をかけるように胸を寄せて体をひねり3秒キープ。左右交互に5往復を2セット行って。

【担当者からのアドバイス】
両膝を曲げた時に長方形のスペースができるのが理想です。最初はキツイと思うので、足を大きく開くことを優先してください。膝は軽く曲げる程度でもOK。また、上半身がふらふらしてしまう人は壁に寄りかかるようにして行ってみてください。たるんだお腹まわりが鍛えられると同時に腸への刺激も加わり、腸の働きが活発になります。ストレスは腸の動きを鈍らせるので、頑張りすぎないこともポイント。できる範囲で行いましょう。

美腸エクササイズはティップネスの店舗でも実施!
日本美腸協会とティップネスが共同開発したオリジナルプログラム「美腸エクササイズ」。腸を間接刺激する「体操」と、直接刺激を与える「もみ」を組み合わせて腸の正常化を目指す20分間のプログラムです。トレーナーにサポートしてもらいたい人は、コチラの詳細をチェック>>>


撮影/廣江雅美 モデル/麗子(チーム★美セレブ) 取材・文/岩淵美樹

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN