【美バストをつくる乳トレ講座】痛いのは効いている証拠です!

ボディ
いいね! 2件

Image title

 

貧乳、離れ乳、垂れ乳・・・・・・。加齢や遺伝のせいにして諦めていない? 朝井麗華先生考案の“乳トレ”で、美バストを目指しましょう! 今回は、基本の乳トレの中から2つを紹介します。

 

経絡整体師 朝井麗華先生
「気・Reika」主宰。アロマや経絡、筋膜を取り入れたテクニックに定評があり、美容業界にもファンが多数。著書に『おっぱい番長の「乳トレ」』がある。

 

朝井先生「肋骨と肋骨の間の筋肉=『肋間筋』が硬いと、バストが外側へと広がってしまうので離れ乳の原因に!」。

 

乳トレ1 肩から流す 筋膜はがし
筋肉を包む薄い膜である「筋膜」をゆるめることで、より根本から筋肉の柔らかさを取り戻せる!痛いけど効果絶大。

 

1. 人さし指、中指、薬指をつけ、親指と挟むように筋肉をつかむ。
2. 1の手で逆側の肩の筋肉をグッと深くつまむ。
3. 筋肉の厚みを潰すように挟み圧をかけた状態で1分キープ!

 

乳トレ2 柔らかい質感を生む 肋骨ほぐし
ふっくらバストを目指すためには、肋骨と肋骨の間の筋肉=肋間筋をしなやかに保つことが大切。片側30回ずつ。

 

1. 片方の手指を揃え、逆サイドの脇の肉をバスト側に集める。
2. 片方の手をグーにし、第二関節の骨で脇からバストへ流す。
3. 支えのパーの手がバストトップにきたら、2と3を繰り返す。

 

次回は、大胸筋を育てる基本の“乳トレ”と胸を正しい位置に戻す補正法を紹介します!

 

MAQUIA2014年4月号
撮影/深瀬典子〈G.P.FLAG〉 監修・モデル/朝井麗華 イラスト/あべさん 構成・文/平田桃子〈verb〉 企画/芹澤美希(MAQUIA)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN