朝と夜のストレッチで理想のくびれを手に入れる! 「骨盤美人」になれるエクササイズ

ボディ
いいね! 3件

ゆがみのない“骨盤”に近づくには、“骨盤”の仕組みと働き、自分の骨盤ゆがみのタイプを知るのが先決!「MAQUIA」9月号から、骨盤ゆがみに対応したくびれづくりエクササイズ(朝と夜のストレッチ編)をお届けします。

Image title

教えてくれたのは…

NPO法人 美えな塾理事長 片山やよい先生

産前産後の骨盤レッスンや妊活エクササイズ、インストラクターの養成、ワークショップなどの経営に携わる。8月に「美えな骨盤メソッドイベント」を開催予定。http://vienna-juku.comをチェックして。

Image title

くびれがあるのは健康骨盤の証

骨盤のゆがみとは、骨自体が曲がっているのではなく、骨盤周辺の筋肉に変な癖がついて骨盤が正しいポジションに収まらなくなったことを言います。これにストレス過多や無理をすると骨盤の開閉がうまくいかず、24時間リラックスを知らない骨盤になり、おブスな姿勢や腰痛、あらゆるトラブルの引き金に。骨盤のクセを知り、ほぐす→鍛えることで、骨盤周りの緊張がとれ、女性らしいくびれやしなやかなシルエットを手に入れることができます。


こんな人は骨盤警報!
くびれおブスになっている!

ひざ上肉がゆるゆる~~

ひざ上の肉がぶよっとしてつまめる人は体がむくんでいて、骨盤がだらしなく緩んでくびれにくく。

Image title

立ちっぱなし

長時間、立ちっぱなしで、どちらかの足に重心をかけてしまうような同じ姿勢は骨盤周りの筋肉が緊張し、巡りが悪くなり、ゆがみ骨盤のクセをつくってしまう。


24時間いつでもカンタンくびれづくり

日常の生活で手軽に取り入れることのできる3タイプの骨盤ゆがみに対応したエクササイズ。

■朝のストレッチ編

 横くびれをつくるウエスト上げ下げ 

Image title

1 両脚をつけてお尻を上げる

両ひざ、両かかとをつけたまま、お尻を浮かす。内股に力が入り骨盤底筋が締まり尿もれ防止にも。

Image title

2 お尻を床につけないように!

お尻を下げるとき、床スレスレでSTOP ! その状態から、またゆっくりとお尻を上げる。往復10回。


 しなやかな骨盤で筋肉の弾力を取り戻す 

Image title

お尻を持ち上げ骨盤の弾力UP

左腕を天井に向け、右のひざを立てる。右のお尻をゆっくりと持ち上げ、インナーマッスルを鍛えて、骨盤の弾力を上げて。左右各5回。


 腰くびれをつくる背中ごろんごろん 

Image title

反り腰を和らげ緊張感をなくす

両手をひざ裏にあてる。お尻を持ち上げる反動で起き上がる。へそをのぞき込むようなイメージ。5回2セット。


■夜のストレッチ編

 骨盤の可動域を上げる巡り呼吸法 

Image title

1 「う」の口で少しずつ息を吐いていく

下腹に力を入れながら、ゆっくりと息を吐く。肋骨が閉じていくのを手に感じながら、しっかりと吐ききって。

Image title

2 肋骨の下に手を広げて息を入れ込むように

手のひらをお腹にあてて、肋骨の開きを確認しながら、口からゆっくりと空気を吸う。


 神の手も借りたいグッズ 

3D構造の加圧ベルトで引き締め

Image title

4つの特殊骨を配置した3D構造で、骨盤を締めながら、理想の位置に。骨盤ベルト S~XL 各¥1100/JCFネットワークサービス


骨盤まわりを刺激&ストレッチ

Image title

女性の骨盤まわり専用「サイクロンEMS」を搭載。インナーマッスルを刺激。シェイプビート ダブルコア¥89400/ディノス


MAQUIA9月号

撮影/長谷川 梓(プロセス分) ヘア&メイク/胡桃澤和久〈Three Peace〉 スタイリスト/柳 理央 モデル/スミス 楓 取材・文/頓所 梓 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

ワンコイン版はこちら>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN