とろ〜り流れ出る黄身が絶景! ごちそう朝ごはんレシピ【エッグベネディクト編】

ボディ
いいね! 0件

タンパク質が豊富な卵を主役にしたメニューは、美味しく栄養を摂れるだけでなく、見た目も華やか。「MAQUIA」8月号に掲載中レシピを参考に、人気のカフェメニューをおうちで作ってみて!

Image title

+ビタミンCで栄養バッチリ!

エッグベネディクト


卵に不足するビタミンCやβカロテンをルッコラで、炭水化物をパンで補える、1品で栄養満点なメニュー。手作りのオランデーズソースがおいしさの決め手。


材料(1〜2人分・2個分)

[オランデーズソース]

卵黄…1個 

水…大さじ1 

塩…ひとつまみ 

バター…15g 

酢…小さじ1 


[ポーチドエッグ]

卵…2個 

酢…大さじ2 

塩…ひとつまみ 

ハム…2枚 

ルッコラ…1株 

イングリッシュマフィン…1個 

こしょう…適量


1. オランデーズソースを作る。小鍋に卵黄、水、塩、バターを入れて、小さな泡立て器で絶えず混ぜながら弱火にかける。バターがとけて、カスタードのようなとろみがついたら火を止めて、酢を加えてよく混ぜる。別容器に移しておく。


2.ポーチドエッグを作る。小鍋に湯を沸かし、酢と塩を加え、弱火にする。


3. 卵は小皿に割る。菜箸で湯をかき混ぜ、渦ができた中心に卵をそっと落とす。卵が渦と一緒にくるくるまわって、まとまりながら固まる。そのまま静かに3分ほど茹でる。


4. 穴あきおたまで卵をすくい、水に取って粗熱を取る。もう1個の卵も同様に作る。


5. イングリッシュマフィンは横半分に割り、トースターで軽く焼く。


6.お皿にイングリッシュマフィンを置き、ハム、2cmの長さに切ったルッコラ、水気を切ったポーチドエッグの順にのせ、オランデーズソースをかけて、こしょうを振る。



料理家 星谷菜々さん

女性誌などで複数の連載を持つ人気料理家。7月にレシピ本『フルーツスイーツダイアリー』(グラフィック社)を発売。


次回はおなかに優しいワンプレートごはんと、美容スイーツのレシピをご紹介します!


MAQUIA8月号

撮影/福尾美雪 レシピ・料理・スタイリスト/星谷菜々 取材・文/宮平なつき 構成/山下弓子(MAQUIA)



【MAQUIA8月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫


髪、肌、爪。たんぱく質なしは美人は作られない【キレイになる卵&肉レシピ】≫≫



フルーツを水にINするだけ!【デトックスウォーターでおしゃれ痩せ】≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN