腸をキレイにしてメイクのりの良い肌に! かぼちゃ&きのこのサラダレシピ

ボディ
いいね! 1件

「MAQUIA」11月号では、新・食連載「星谷菜々の美に効くおいしいひとさら」がスタート! 美の相乗効果を発揮する食材をテーマにおいしくて美に効くレシピをご提案。Image title


今月の美コンビ食材

かぼちゃ×きのこ

秋新色が出そろってメイクが楽しくなるシーズン。腸の調子を整えて、メイクのりの良い肌にしたいですよね。かぼちゃときのこには食物繊維が豊富に含まれているので、腸の働きをうながし、お通じを改善する働きが。またかぼちゃにはビタミンA(βカロテン)、E、Cが豊富。美肌のビタミンとも言われるこの3つを一緒に摂ることで、美の相乗効果を狙えます。きのこは今回はエリンギを使いましたが、しめじやしいたけでもOK。


かぼちゃときのこのタブレー風サラダ

タブレーとはクスクスなどを用いたサラダのこと。

星谷さん「中近東やパリ、そして今年旅したポーランドで好んで食べられていたタブレーを、今回はキヌアを使ってアレンジ。秋の味覚かぼちゃやきのこは、ソテーすることで味が濃縮されてぐっとおいしく。決め手は仕上げのレモン。ごちそう感を出すならソーセージや厚切りベーコンを一緒にソテーしても」。


材料(2人分)

A

・キヌア(乾燥) 75g

・水 150㎖

・塩 ひとつまみ

・オリーブ油 小さじ1

・ローリエ 1/4枚


・かぼちゃ 1/8個 

・お好みのきのこ(今回はエリンギ) 1パック

・レモン 1個 

・イタリアンパセリ 適宜

オリーブ油、塩、胡椒 各適量


作り方

1.キヌアは洗う必要があるものはザルに入れて洗う。鍋にAを入れ、蓋をして弱火で15分茹でる。火を止めてそのまま15分蒸らす。


2.かぼちゃはスプーンでワタをくりぬき、1cm幅の薄切りにする。エリンギは手で適当に割く。


3フライパンにオリーブ油小さじ2を中火で熱し、かぼちゃを並べる。両面がこんがりと焼けたら大きめのボウルに取り出す。続けてフライパンにオリーブ油を小さじ1足し、エリンギを並べ、こんがりと焼けたら同じボウルに取り出す。


4.③のボウルに①を加えてさっくりと和え、塩で味を調える。


5.器に盛りつけて、レモンの皮のすりおろし、刻んだパセリ、オリーブ油小さじ 2、胡椒を振り、レモン汁を搾っていただく。


【これも美食材!】キヌアImage title

ビタミンEや食物繊維、女性ホルモン様物質であるフィトエストロゲンが含まれ、女子力アップにお役立ち。


ほしや なな 料理家。おいしくて心に響くレシピが人気。近著に『季節をたっぷりめしあがれ。フルーツ スイーツ ダイアリー』( グラフィック社)。http://www.apron-room.com/


MAQUIA11月号

レシピ・料理/星谷菜々 撮影/福尾美雪 栄養素監修/関口絢子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫

Let's 朝活! 美肌スープレシピ♪ 【人参とパプリカのチキンスープ】≫≫


★【スボラ女子でも痩せられる】これなら続く♪ 楽々レシピ ≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN