職場でも簡単にできる! むくみが解消する内臓ストレッチを伝授

ボディ
いいね! 8件

姿勢の歪みは、内臓を本来あるべき位置よりも垂れ下がらせ、体全体の巡りの妨げになっていることも。「MAQUIA」12月号で紹介中の簡単ストレッチで、内臓の位置も直して、スッキリとした美くびれBODYを目指しましょう! Image title

整体師

片平悦子さん

一般社団法人日本パーフェクト整体普及協会代表。5万人を超える施術から、独自の技術を開拓。整体のプロに指導を行う。

『3分間「内臓ストレッチ」で疲れないカラダをつくる』

職場でも簡単にできる、座ったままでOKな内臓のストレッチが満載。見た目が若返ると評判に。¥1400/KADOKAWA


内臓下がりタイプをチェック!

□耳鳴りや、車酔いがひどい

□朝、起きるのが辛い

□生理痛が重め

□よく胃もたれする

□呼吸が浅め

⇒ひとつでも当てはまったら、内臓ストレッチを実践しましょう!


肩甲骨&横隔膜で内臓の位置を戻す

肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かして、肺を正しい位置に。呼吸が深くなって、代謝が向上。肩甲骨の間にあって脂肪を燃やすという褐色脂肪細胞も刺激するから、痩せやすくなる。


1. 椅子に座って背をつかむImage title

椅子に浅く腰掛け、足裏を床につける。片手のひらを後方に向けた状態で、椅子の背をつかむ。胸を開くイメージで。


2. 手のひらの向きを逆にImage title

椅子の背をつかんでいる腕を半回転させ、手のひらを正面に向ける。そのまま肩を小さく5回まわす。逆側も同様に。


横隔膜を動かす

背中をふくらませるように深く呼吸をすることで、横隔膜の動きも連動。すると横隔膜の上下に密集している肺・肝臓・脾臓・小腸などが正しい位置に戻る!


1. 机と椅子を離して座るImage title

机と椅子を30cmほど離し、椅子に浅く腰掛けて背筋を伸ばす。肛門にグッと力を入れ、骨盤を立てるよう意識して。


2. 腕を上げてひじを曲げるImage title

両手を肩の高さまで水平に上げたら、ひじを直角に曲げる。両手のひらは後ろに向けて、肩や腕をリラックスさせる。


3. 上半身を前傾させて手のひらを机にImage title

上体を倒して、両手のひらを机につける。手首とひじ、ワキの下は直角になるように曲げて。


4. 口で大きく3回呼吸するImage title

3の姿勢をキープしたまま、口で深く呼吸をする。背中に空気を送り込んで、ふくらませるようなイメージで。


正面はこんな感じImage title

手をひじから垂直に下ろして、両手を机につける。ワキとひじが、直角になるように。


MAQUIA12月号

撮影/藤澤由加 石澤真実(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 新見千晶 野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ  モデル/佐原モニカ  取材・文/風間裕美子 高見沢里子 構成/火箱奈央(MAQUIA) 撮影協力/アワビーズ


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫


★【内臓ストレッチで巡りアップ】座ったままできる もぞもぞ体操≫≫


お腹、二の腕、背中のハミ肉…【パーツも全身も!美ボディ変身エクササイズ】≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN