痩せる生活習慣どっちが正解?【2択クイズ】で、ダイエットの効率をぐんと上げる!

ボディ
いいね! 1件

同じ「走る」「温める」でも、タイミングややり方などの選択で痩せ効果に大きな差が生まれているのを知っていましたか? どうせ同じことをするなら効率よくダイエットしたいもの。今回はDr.石原式の“痩せ習慣”を「MAQUIA」3月号からご紹介! クイズに答えながら正しい習慣を覚えて、毎日の生活から健康的&美しい痩せボディを目指しましょう。

Image title

教えてくれるのは…

医師 石原新菜先生

イシハラクリニック副院長。西洋医学、東洋医学をともに学び、日本人に合った美容や健康を提案している。『石原新菜的 やせるのは、どっち?』(小学館)ほか著書多数。


痩せる生活習慣どっちが正解?

何気ない生活&運動習慣も、注意して選べばぐぐっと痩せ効果がアップ!


Q1 走るならどっちが正解?

Image title


Q2 運動するならどっちが正解?

Image title


Q3 筋トレするならどっちが正解?

Image title


Q4 シャワーを浴びるならどっちが正解?

Image title


痩せる生活習慣、こっちが正解!

A1 朝ラン

「走ると交感神経が優位になり、体が緊張状態になって空腹を感じにくくなります。朝走っておくと、食事の量を無理なく抑えることができます」。また、通勤時間のウォーキングも充分な有酸素運動で血行がよくなるので、おすすめなのだとか。


A2 週2回ジムで筋トレ

キレイに痩せるには、燃焼しやすい体になるためのほどよい筋肉が不可欠。「ただし、使った筋肉が疲労から回復するには約一日かかります。有酸素運動は毎日でもいいのですが、筋肉量を増やす筋トレ的なものは週に2〜3回やれば充分です


A3 筋トレの後にストレッチ

ストレッチでほぐしてから筋トレ、と指導するジムもあるけれど「筋トレの無酸素運動では、乳酸といった老廃物が溜まります。これはむくみ太りの原因になるので、その後にストレッチをして流すほうがベター。余計な老廃物が溜まりません」


A4 朝シャワー

熱いシャワーは「交感神経にスイッチが入るので、朝におすすめ。すっきり目が醒めるだけでなく、肩甲骨の周りの褐色脂肪細胞を刺激するので、体の“燃やすスイッチ”が入ります」。夜はゆったりバスタブ入浴でリラックス、が鉄則なのだそう。


【次ページをチェック!】まだまだある正しい痩せ習慣!あなたは何問正解できる?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN