酷暑のダメージをリセット! むくみ、抜け毛、疲れ目…お悩みを解消する栄養&食べ物は?

ボディ
いいね! 3件

「MAQUIA」10月号では、夏の強力な紫外線でダメージを受けた肌・髪・爪・目のダメージをリカバリーする方法を、食とダイエットのプロがお答えします。

Image title

酷暑の影響をリセット

夏の肌・髪・爪
ダメージ回復編

夏の暴飲暴食や強力な紫外線でダメージを受けた体を、内側からしっかりリカバリーする方法を伝授。


教えてくれたのは…

管理栄養士
前田あきこさん

認知行動療法を取り入れた栄養・運動・生活指導を行い、現在までに2万人以上を体質改善に導く。


ララクリニック
青木 晃先生

抗加齢医学の第一人者。TV出演などを通じて生活習慣病や抗加齢医学の啓発に従事している。


サロン・ド・メリッサ代表
山田祥子さん

25年以上の経験をもつエステティシャン。医療機関と提携し、分子整合栄養医学に基づく栄養療法も行う。


肌のダメージを回復する

Q美白のために日頃から摂っておくといい成分は?
A ウコンやL-システイン

「肝臓が疲れていると日焼けしやすくなり、肌もくすみがちに。ウコンやL-システインには肝機能を整える効果があるので、日頃から摂り入れておくと美白につながります」(前田さん)

Image title

(右から)表皮の下からメラニンを無色化。チョコラBBルーセントC(第3類医薬品) 60錠 ¥1695/エーザイ 効率よく吸収できる、微細吸収型クルクミン配合。カロリミット®ウコンドリンクW 100㎖×6本¥1105/ファンケル


Q 肌のハリを復活させる食べ物が知りたい
A 鮭や鶏ささみ、カリフラワーなどが○

「鮭やタラ、鶏ささみや豚ヒレ肉などのたんぱく質は必須。そのほかコラーゲン合成を促す牛すじやフカヒレ、カリフラワーやスプラウト類などのビタミンCも一緒に」(青木先生)


Q 自分の肌に足りない栄養って調べられる?
A 分子整合栄養学に基づく検査で調べられます

「分子整合栄養学を取り入れているクリニックやサロンでは、血液検査で自分に足りない栄養を調べられ、どんな栄養を摂るべきか指導してもらえるのでおすすめ」(山田さん)


Q エイジングケアに いい食べ物とは?
A 食べ物より「食べ方」を工夫して

「栄養素を過不足なく、バランスよく摂るのがエイジングケアの基本です。そのためには野菜とそれ以外のものを一口ずつ交互に食べる、“交互食べ”を習慣づけるといいでしょう」(前田さん)


Q むくみ解消にいい食べ物が知りたい
A ミネラル豊富な海藻を摂りましょう

「夏のむくみはミネラル不足の疑いが。海藻類でミネラルを補いましょう。胃に負担がかかるので、冷たいサラダはNG。あたたかいスープなどで摂るのがおすすめです」(前田さん)


Q チョコやスナック菓子がニキビの原因ってホント?
A 一概には言えません

「糖質の摂りすぎは皮脂分泌のバランスを崩すので、お菓子類はニキビの原因になり得ます。けれどホルモンバランスの乱れやストレスなどニキビの原因はほかにも」(青木先生)


【次のページをチェック!】髪・爪・目のダメージを回復編  》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN