人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

目の疲れをリセットする【1セット33秒でOK】の超簡単ストレッチとは?

ボディ

疲れ目・肩コリ・頭痛・不眠etc. 目の疲れが引き起こす体の不調はさまざま。「MAQUIA」3月号から、目の疲れをほぐすストレッチテクニックをプロが指南!

Image title

\これで24時間、絶好調/

温め美容で人生が変わる!

冷えを改善して、 血の巡りがよくなればむくみやだるさ、 肌トラブルなど様々な不調が改善。効果的に温める方法をパーツ別にご紹介します。

教えてくれたのは

医学博士・漢方専門医
渡邉賀子先生
帯山中央病院理事長。日本初の「冷え症外来」を開設。著書に『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』。

睡眠コンサルタント
友野なおさん
睡眠改善で体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。近年は冷えとりにも力を注ぐ。

医学博士
森岡清史先生
吉祥寺森岡眼科院長。眼精疲労の専門的治療にあたる。著書に『目を温めると体が自然によみがえる!』。


温めるだけでこんなに
人生にいいことが!


冷えを改善すると
美、健康、心にいい影響あり

「冷えとは、血液の流れと代謝が悪くなっている状態。熱は肝臓や筋肉などで作られて、血液によって全身へ。そのため血液の流れが悪いと、隅々まで熱を運べず、冷えに直結するのです」(渡邉先生)

 血液には酸素や栄養素を全身の細胞に運び、老廃物を回収する働きも。そのため血流がよくなると新陳代謝が活発になり髪はツヤツヤ、肌も整うのだそう。

 また基礎代謝も高くなり、やせ体質に。腸を温めると免疫細胞が正常に働くので、 免疫力もアップ。さらに気分の落ち込みなどの精神的な不調を軽減する効果もあり。

 友野さんも温めの効果を実感!
「手先が冷えて辛かったのですが、今はポカポカ。眠りが深くなり、体調も整いました」(友野さん)

Image title

スマホを見るときは”下目” で

「下向きで目が開いている範囲が狭いほど、 画面から発する強い光が入りにくく、まばたきもしやすいのです」(森岡先生)

Image title

1/3

2/3

3/3

目の疲れを
ストレッチでリセット

「普段酷使している目周り、首、耳の後ろの血流をよくすることで、疲れを解消していきます」(森岡先生)。お風呂で行えば、 ほぐし効果は倍増するそう。

首の筋肉をほぐす
両手の指を揃え、 首の横の筋肉を上下に優しくさする。4秒×2セット。

半円を描くように

人差し指を下あごの付け根に残りの指で耳の後ろを囲んで回す。5秒×3回。

上下左右にさする

指先を眉に、 手の付け根を頬骨上にのせ、 目の周りをさする。5秒×2回。


MAQUIA3月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) 河野 望(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/福永いずみ モデル/辻元 舞 取材・文/平田桃子〈verb〉 構成/木下理恵(MAQUIA) 撮影協力/UTUWA AWABEES


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN