正月太り対策!テレビ見ながらでOK【つかむ、押す、流す】だけの水毒流しダイエット

ボディ
いいね! 0件

体のめぐりが悪くなり、太りやすくなるこれからの季節。「MAQUIA」2月号に掲載中の朝井麗華さん式メソッドに挑戦して、スッキリボディを手に入れましょう!Image title

水毒流しのドS整体師!!

気・Reika 朝井麗華さん

「体がラクになる」「ぺたんこ胸がDカップになった」と数々の伝説をもつ朝井さん。経絡や推拿、筋膜剥離など勉強を重ねて構築した独自理論による施術は、痛いけれど効果絶大! タレントや女優からの指名が殺到するのも納得のメソッドを朝井さん自身が解説。


水分排出のツボをグリグリと刺激

膝裏もみImage title

会社のデスクでもできる、下半身デブ予防のワザ。「膝裏にある、委中というツボは水毒デトックスの要。デスクワークの人は、仕事の合間にこっそりやるとむくみ知らずの脚に」

Image title


脚の重みを手に預け、指で委中を刺激! 

座った状態で、両手で片足を持ち上げるようにしながら膝裏を30秒ほど刺激。ここの詰まりがとれると下半身が軽くなる。


筋肉を包む“膜”をほぐして痩せ見え

筋膜ゆるめでハミ肉防止!

コリ部分は筋肉だけでなく、それを包む筋膜も硬直。「これをほぐすには、グイグイもむのではなく“つかんで待つ”メソッドがおすすめ。硬さがとれると本来のくびれが出現」


1. はさんで“待つ”がポイント!Image title

4指と親指でお腹の肉を縦方向にはさむ。表面だけでなく、筋肉までしっかりはさむこと。そのまま動かさず、30秒はさみ続ける。


2. ジワジワ外側へ引っ張るImage title

つかんだ筋肉を水平に外側へ引っ張る。つかみやすい脇腹を中心に、お腹全体を何カ所か行う。コリが強い人ははさむ時間を長くすること。


ふさぎがちな気分は胸骨開きですっきりImage title

お腹をゆるめたら、ついでに胸骨開きも。鎖骨のすぐ下から3カ所を、指先で開くようにマッサージ。呼吸が深くなり、気持ちが自然と明るく!


【次ページをチェック!】がっちり張った太ももも詰まりを流してすっきり>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN