ダイエット成功の近道! 本島彩帆里さんのきれいになる食べ痩せ術

ボディ
いいね! 1件

「MAQUIA」10月号では、ダイエット美容家の本島彩帆里さんに「食べて痩せる&きれいになる方法」を伺いました。

Image title

夏の肌・髪・爪…のダメージも回復
食べて痩せる!きれいになるQ&A

夏太りやむくみ、紫外線による肌や髪の疲れやダメージが気になる今。回復するための食事法と“きれいになる食べ痩せ”術を総力取材。食とダイエットのプロが悩みに答えます。


本島彩帆里さんのポジティブな食べ痩せ

教えてくれたのは…

Image title

ダイエット美容家 本島彩帆里さん
元エステサロン店長。産後20kgのダイエットに成功した経験と知識を生かしたシンプルで習慣にしやすい美容情報を Instagramなどで発信。著書に『やせる #ほめぐせ』など。

Image title


Q 夏はダイエットがうまくいかなくて自己嫌悪
A できていることに目をむけて

「“今日は階段を使った”など、できたことを考えて。また、我慢が目標になりがちなので、『何のためのダイエットだっけ?』と本来の目的を再確認することも効果的です」(本島さん、以下同)


Q 秋冬までに絶対痩せたい
A その目標、現実的ですか?

「『2カ月で5kg減』など、達成したことのない非現実的な目標を立てる人が多すぎます。毎月1kgでも1年経てば12kg。積み重ねていける目標は自信にもつながります」


Q ほめぐせが身につかない
A “他人ファースト”から“自分ファースト”へ変身を

「誰かと比較する“他人ファースト”ではなく、自分はどうしたいかを考える“自分ファースト”を意識して。インスタに今日できたことを投稿するうちに、仲間も増えて自信もつきますよ」


Q 夏疲れかも?ポジティブに考えられない
A 無理して前を向く必要なし

「気持ちの波があるのは当然。ゆっくりお風呂に入る、趣味を楽しむなどリラックスしたり元気になれることに時間を使いましょう」


Q 夏は何かと飲み会続きで、体型に嫌な変化が……
A 提案上手は痩せ上手!

「誘われるままに食べるのは他人ファースト。野菜メインや魚料理など、ヘルシーかつ喜ばれそうなお店を自らリサーチ&提案!」

Q 食欲の秋はドカ食いしちゃう……食べすぎを防ぐには?

A 〝食べたい〞気持ちを抑えすぎないで!

「食欲は生きるための欲求なので、いきなり全部無視するとドカ食いのリスクがアップ。2回に1度は“本当に食べたい?”と自問自答する習慣をつけていきましょう」

Q きれいになれる手抜きごはんありますか?

A ワンプレートならインスタジェニック

「こぶし大のたんぱく質にベビーリーフやしらす、半熟卵など、調理せずに食べられるものを添えるだけで立派なワンプレートに」


Q 本島さんが実践している食習慣は?

A 調味料にこだわってシンプルに味わってます

「調理法はシンプルですが、塩や味噌などの調味料はこだわりのものを数種類常備。先日、味噌作り(写真右)も体験しました!」


10種のハーブなどをブレンド。ナチュラータ オーガニック ハーブソルト 175g ¥800/おもちゃ箱

Q 美容にいいからお水やお茶を買うけど、飽きてきた

A 見た目で選ぶ工夫も大切

「女性の場合、デザインなど見た目で楽しめるとモチベーション維持に効果的! 私の最近のお気に入りはクリスタルがキレイな『ヴィタジュエル』というボトル♡」

Q 暑くてアイスや冷たいカフェラテがやめられない

A 甘味料をスイッチする手もあり

「コーヒーにココナッツギーを入れてバターコーヒーにしたり、香り高くて甘いルクマパウダーを使うなど甘味料を替えてみると、新たなおいしさや満足感が得られますよ」


(右から)ナビタスナチュラルズ オーガニック ルクマパウダー 227g ¥4200/ウェーブコーポレーション ロイヤル グリーン オーガニックココナッツギー 293g ¥2680/ビープル バイ コスメキッチン


MAQUIA10月号

取材・文/国分美由紀 和田美穂 関本陽子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN