触れると幸せホルモンが出る「センシュアルライン」って知ってる? デリケートゾーン美容Q&A

ボディ

顔と同じくらい大切な、女性の象徴であるデリケートゾーンのケア。「MAQUIA」4月号では、女性ホルモンにまつわるあれこれをプロに伺いました。

Image title

専用アイテムは激売れ! 
クリニックケアもブームの兆し
美容好きほど始めてる

ナイショの

デリケートゾーン美容

顔と同じくらい大切な、女性の象徴であるデリケートゾーンのケア。美容好きが続々と始めているケアとその重要性について、マキアが詳細にレポート!


デリケートゾーンビューティQ&A

全身の健康に関わる、繊細かつ大切なホルモン!
女性ホルモン編


お話をうかがった人

フィトテラピスト
森田敦子さん

フランス国立パリ13大学で植物薬理学を修める。著書にデリケートゾーンの扱い方を解説した『潤うからだ』(ワニブックス)など。

アヴェニューウィメンズクリニック院長
福山千代子先生

デリケートゾーン外来も開設し、婦人科系の悩みを診察。皮膚科との連携もスムーズ。

ハリッチ代表
川辺奈穂さん

自信の自律神経の乱れや不眠も鍼灸で克服。女性の不調にも詳しく業界にもファンが多い。


Q そもそも、女性ホルモンって何?

A 卵巣から分泌されるホルモン。
子宮だけでなく体のあちこちに影響

「卵胞ホルモンと黄体ホルモンの総称。妊娠や出産に関わるのはもちろんだけれど、心臓の血管や脂質代謝、コラーゲン生成、膣の萎縮などにも関係が」(福山先生)


Q 女性ホルモンのバランスは、
どんなときに乱れるの?

A ストレスやダイエット、
睡眠不足は大敵!

「最大の原因はストレス。更年期の方を除けば、いちばん相談が多いのは社会人1年目の方です。入社や入学、転職などでホルモンバランスが乱れがちに。過度なダイエットや睡眠不足にも影響を受けやすいですね」(福山先生)


Q 女性ホルモンって、
多いほどいいですよね?

A 大切なのはバランス!

「分泌が多すぎると、子宮体がんや乳がんを誘発する可能性が。特に初潮が早く閉経が遅い現代人は、ホルモンにさらされる期間が長いので要注意」(福山先生)

Image title

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

Q 体の触れ方も、女性ホルモンの
分泌に関わるって本当?

A センシュアルラインと呼ばれます。
どんどん触れて

「肌には、触れると心地よく幸せホルモンの出る部分が。セックスはもちろんですが、自身でもボディケアのときに触れることで癒され、ひいては女性ホルモンのバランスを整えることに」(森田さん)

耳の後ろからスタートし、首筋、胸、ワキ、そけい部、デリケートゾーンへ。そこからお尻を通って背筋から頭頂部へと通じるラインが“センシュアルライン”。

Q 女性特有の変化を
サポートするサプリは?

A 植物生まれのものなら
負担をかけずにケア可能

「女性が積極的に摂りたい食材も、腸内細菌バランスやレセプターの状態によってはうまく働いてくれないことがあります。そんなときは食事だけでなくサプリを上手に活用するのも手」(福山先生)

<右>ゆらぎ期をサポートするエクオール含有。エクエル 1日4粒目安で28日分¥4000/大塚製薬 <左>女性特有の悩みに働くピクノジェノールなどを配合。ウィメンズ バランス 30+30袋 ¥12600/シンプリス

Q 女性ホルモンケアに
いいツボを教えて

A 三陰交、太衝、血海は
女性なら知って損はなし!

「ホルモンバランスを整えるツボのうち、わかりやすいのはこの3つ。ボディケアのついでに親指でぐっとプッシュすると更年期予防にも」(川辺さん)

足の親指と人差し指の骨の合わせ目の「太衝(たいしょう)」はバランスを保つツボ。

Image title

内くるぶしから指3本上の「三陰交(さんいんこう)」は生理痛や冷え予防に◎。

Image title

膝のお皿の内側、指3本分上の「血海(けっかい)」は血行UPにぴったり。

Q 香りでも女性ホルモン
ケアできるの?

A パチュリやイランイランなど、
薬理効果あり

「イランイラン、フランキンセンス、パルマローザなどの精油を嗅いだりオイルに混ぜて塗ると、気持ちを高めたりホルモンバランスを整える効果が」(森田さん)

<右>気持ちを落ちつけリラックスしたいときに。エッセンシャルオイル パルマローザ 5㎖ ¥1600/モンサンミッシェル <左>ローズやゼラニウム、フランキンセンスが華やかに香る。ウーマンズバランス 5㎖ ¥2400/ニールズヤード レメディーズ

Q 女性ホルモンが
減ったときの
手軽なケアは?

A ハーブティーやチンキ、
それに食事で改善を

「フランスでは、病院や調剤薬局でハーブティーやチンキ(タンチュメール)が処方されます。ハーブのメリッサは“穏やかな精神安定剤”と呼ばれ、イライラや月経痛、女性ホルモンバランスの不調によく使われる代表格」(森田さん)

手軽に飲めるハーブ抽出液。エルボリステリア タンチュメール メリッサ 100g ¥2600/コスメキッチン

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN