「ぐっすり寝ると体重が減る」、「生理後は痩せやすい」説は本当?

ボディ
いいね! 1件

若い頃と同じことをしていても、痩せない、むしろ太りやすい……その原因は基礎代謝とホルモンの変化にあるようです。「MAQUIA」6月号から、女性ホルモンと睡眠ホルモンをコントロールする痩せテクニックを紹介します。

Image title

教えてくれたのは…

肥満外来の専門医 

左藤桂子さん

左藤桂子ヘルスプロモーション研究所所長。著書に『リセットダイエット』(辰巳出版)など多数。


エイジング・スペシャリスト

朝倉匠子さん

「アクティブ・エイジング」を提唱、自身も美しい60歳。『35歳からのダイエット革命』(ディスカバー21)。


基礎代謝&エストロゲンが

痩せ体質のカギ!

 30歳を過ぎたら痩せにくい原因は、“基礎代謝量”にあった!

「基礎代謝とは心臓や脳を動かすなど、生きるために使われるエネルギーのこと。左のグラフのように10代後半をピークに、ゆるやかに低下します。何もしなくても痩せられた若い頃と違って、大人が思うように痩せないのは、この基礎代謝量が減るのが原因」(左藤さん)

 さらに“女性ホルモン”も年齢とともに変化するもののひとつ。

「ハリや潤いなど女性らしさを保つエストロゲンには、内臓脂肪を燃焼する効果も。でも35歳を過ぎると分泌量が落ちます。睡眠から得られるホルモンもダイエットに大きく影響しますよ」(朝倉さん)

 大人のダイエットには生活習慣の見直しと工夫が必須なのです。

Image title


ホルモン痩せのためにすべきこと

女性ホルモンはもちろん、睡眠ホルモンも味方にすれば、無理なく痩せられる!


女性ホルモンの変化でダイエットの

タイミングを見極めよう!

Image title

「女性ホルモンはシェイプ・ホルモンとも呼ばれ、メリハリボディを作るもと」(朝倉さん)。特にエストロゲンは女性らしさに必須。「同じ体重でも20代はふっくらしているのに、50代になると四角い体つきになり、腰回りに脂肪が。これはエストロゲン量の低下が原因です。エストロゲンの効果や優位期を活用してダイエットを!」(左藤さん)


Image title

エストロゲン優位期 = 痩せ期

ハリや潤いを保ち、脂肪燃焼効果もあるエストロゲン。生理後にはエストロゲンがどんどん分泌され、エストロゲン優位期となります。この時期は肌の調子や体調も良く、痩せるにも絶好のタイミング! ダイエットが成功しやすい時期と言えます。


プロゲステロン優位期 = がまん期

妊娠準備を行う女性ホルモン・プロゲステロン。排卵をすると体内が妊娠に備え、水分を蓄えてむくんだり、食欲が増進する時期。ダイエットには向かないタイミングで、無理をしても体に負担をかけるだけ。この時期は、現状維持できればOK!


多くても少なくてもダメ! 自分のリズムを見極めて整えよう

Step1

基礎体温を測る

Image title

低温層と高温層がないと、生理があっても不正出血の可能性も。パソコンにデータを送信できる基礎体温計などで、きちんと測定を。ウーマンドシー 高機能タイプ ¥7714/テルモ


Step2

自律神経を安定させる

Image title

ストレスや疲れは女性ホルモンを乱す大きな要因。リラックスしてドーパミンやセロトニンなどのホルモンが分泌されることで、心身が安定。胸キュン映画なども効果アリ!


Step3

良質のたんぱく質と油を摂る

「女性ホルモンの原料はコレステロール。たんぱく質、質のいい油はやはり必要です。必要な栄養素を過不足なく摂ることが大事。不足すると、生理が止まったり、女性ホルモンのリズムを妨げる要因に」(左藤さん)


若返りのホルモンDHEAは摂るべき?

Image title

「コレステロールからホルモンが作られる過程にあるのがDHEA。女性ホルモンを作り出す不妊治療などには使われますが、副作用などを考えるとDHEAだけを摂取することはおすすめできません」(左藤さん)


【次のページをチェック!】睡眠ホルモンを味方につける方法はこちら≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN