ダイエットの大敵「カラダの冷え」を効率よく温めて太りにくい体に!

ボディ
いいね! 0件

年末年始に潜む暴飲暴食&運動不足の悪夢まであと2ヵ月……。エキスパートに聞いた、今からできる“太らないカラダ”作りを「MAQUIA」12月号からピックアップ。冬の冷え・むくみ対策をご紹介します。

Image title

お話を伺ったのは

ビューティセラピスト 三島宏美さん

小林ひろ美さん主宰のリバイタライズサロン クリームにて活躍。冷え・むくみケアの達人。


睡眠コンサルタント 友野なおさん

SEA Trinity代表。睡眠改善で15キロの減量に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。


渋谷DSクリニック 渋谷院 院長 林 博之先生

ダイエット専門クリニックの院長として「リバウンドなく体型を維持する」ダイエットを指導。


ダイエットのすべて

冷え・温めケア編

体が冷えると、脂肪を溜めやすい体質に!効率よく体を温めるポイントを解説します。


Q1 冬って、どんなところがむくみやすい?

A 足と顔がパンパンに

「寒さにより肩をすくめていると、 首まわりの血流が悪くなり、 顔がむくみやすくなります。また運動量が低下するため、 下半身に老廃物が溜まりやすく、 脚もむくみがちです」(三島さん、以下M)


Q2 寝ながら、むくみ対策をしたい

A 抱き枕とヨガポーズが効果的◎

「抱き枕があると横向きの寝姿勢がまっすぐになり、 循環がアップ。血液の流れを促すヨガポーズもよし」(友野さん、以下T)

Image title

両足の指をつかみ、 ひざを曲げてお腹の方に引き寄せる。かかとは直角に曲げた状態に。


Q3 体温が低いと痩せにくいって本当?

A 体温が1℃下がると、基礎代謝は、約12%低下

「代謝が下がると血流が悪化し、 脂肪燃焼効率もダウンします。ちなみに体温が1℃下がると、 免疫力は30%低下します。病気にかかりやすくなるなど、 健康面でも問題が!」(林先生、以下H)


Q4 冷え、むくみを改善するインナーは?

A ウンナナクールの「ハラマキ付きショーツ」

「着圧系のインナーは圧迫が気になるのですが、こちらのショーツは鼠径部を締めつけず、お腹まわりを温めてくれます」(M)

Image title

コットンフルーツマルシェ ハラマキ付トランクス¥1600/ワコール


Q5 冬のむくみ改善、どうすれば?

A 顔の下半分&足の内側を念入りにマッサージ

「顔の下部にむくみが溜まりやすいので、 重点的にほぐしていきます。脚の内側をケアすることで、 脚全体の流れがスムーズに!」(M)

Image title

足首〜鼠径部に向かって、 内側を螺旋状にさすり上げる。とくにひざの内側は冷えやすく、 老廃物が溜まりやすいので念入りに! 反対側も同様に。


Image title

①親指と人指し指でカギ手を作り、 ほうれい線に沿って上から下にしごく。

Image title

②フェイスラインの骨まわりをしごきながら、 耳の裏に向かって流す。

Image title

③耳の裏〜鎖骨に向かい老廃物を押し流すイメージで、 グリグリとしごく。


※ご紹介する施術には、効果と感じ方に個人差があることをご了承ください。


MAQUIA12月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉 ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/藤井晶子 モデル/佐原モニカ イラスト/本田佳世 取材・文/国分美由紀 平田桃子〈verb〉 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN