人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

上向き美尻が話題! 美ヒップクイーン・加治ひとみさんの美習慣に接近

ボディ

上向き美尻が日本人離れしている!と話題の加治ひとみさん。「MAQUIA」6月号では、その美ヒップを保つ習慣にフォーカス。毎日のトレーニングをはじめ、食事や下着のこだわりなどを教えていただきました。

加治ひとみ


憧れのあのカラダはこんな風につくられる!
\ 今日からマネできる /
美ボディモデルの美ボディ習慣10

美女は一日にしてならず。太りにくい“痩せグセ”ボディは、毎日のちょっとしたルーティンの積み重ねから。まずは憧れモデルのカラダ習慣にクローズUP!


Image title

日本人離れした上向き美尻が話題の的!
美ヒップクイーン
加治ひとみさん

胸もお尻も“上げる”ことで
厚みのあるボディを目指しています

「7年前にピラティス、20代後半で本格的なトレーニングに目覚め、今の体は理想の7.5割の出来くらい。まだまだ進化の途中です。なりたい体は、細いウエストに胸やヒップがパンと出た迫力のあるボディ。単に脂肪をつけて大きくするのではなく、鍛えて引き上げることで、特定の部位だけに厚みを出すようなイメージです。トレーナーいわく、私はお尻に筋肉が付きにくい体質らしいので、今は週1回のジムやピラティス通いに加え、毎晩のゴムバンドを使った筋トレでヒップアップトレーニングに励んでいます。また、重心に気をつけて歩くのも日課のひとつで、“1日最低40分”をノルマとして、たくさん歩くことにしています。お尻は日々の小さな積み重ねが実を結ぶパーツ。究極の丸みヒップ目指して、コツコツ努力あるのみです!」


Hitomi Kaji
1987年8月26日生まれ。東京都出身。OLを経験後、歌手をあきらめきれず26歳でオーディションに応募。28歳で念願のデビューを果たした異色の経歴の持ち主。現在はアーティストの枠を超え、モデルとして女性誌で活躍中。


加治’s BODY HISTORY

加治ひとみ

《ガリガリ期》
「小さい頃からアレルギーや喘息に悩まされ、太りにくい虚弱体質でした。その延長で20代前半までは本当に細くて。ガリガリで抑揚のないボディラインにコンプレックスを持っていた時代。胸やお尻がボリューミーな外国人体型に憧れていました」

美ヒップクイーン

《覚醒期》
「7年前にピラティスを始めて意識が高まり、ここ3~4年は美ボディインスタグラマーをチェックしたり、自分のボディをSNSで公開することがモチベーションに。パーソナルトレーナーについてもらって、徐々に体が出来上がってきました」



▼次のページをCHECK!
加治さんが実践している10の習慣とは?>>

美尻エクササイズをもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN