「おっぱい」にまつわるウソ・ホント

ボディ
いいね! 1件

乳腺専門医の島田菜穂子先生に、おっぱいについていろいろお話をお聞きした最終回。おっぱいに関する都市伝説(?)の真偽を先生に判定していただきましょう!Image title




年をとると、おっぱいは誰でもしぼんで小さくなる?


→ ウソ!


「おばあちゃんになるとおっぱいがしぼんで小さくなり、シワシワに垂れてしまう…というイメージは昔の話。最近は60代70代でも、大きいおっぱいを保っている女性が多くなっていますね。加齢によって乳腺は少なくなるので、その分小さくなるはずですが、栄養状態のいい現代では、乳腺がなくなったところに脂肪がため込まれ、大きくなっている人も少なくありません」



大豆イソフラボンを摂ると大きくなる


→ まあまあホント!


「大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似たような働きをするため、女性ホルモンをUPしたいなら豆乳や大豆加工製品、大豆イソフラボンのサプリなどを摂るようにと言われたりしますね。おっぱいの大きさに関係する乳腺は、女性ホルモンの影響を受けて増加しますから、確かに大豆イソフラボンを多く摂れば、乳腺にも働きかけないこともないでしょう。乳房を大きくするという効果の科学的根拠はありませんが、女性ホルモンが足りない時は上乗せに、アンバランスな時は調整してくれる可能性があるようなので、なかなか優れものの食品ですね」



女子力の高い人は乳首や乳輪がピンク色


→ ウソ!


「これは間違いでしょう! 女子力が高い=女性ホルモンで満たされていると考えるなら、逆ですね。乳首や乳輪の色素は女性ホルモンがしっかり出ていて女らしいという証。ホルモンが足りていない人のほうが色は淡いものです。色や形に差はあっても、機能は変わらないことも覚えておきましょ」


【次のページもチェック!】高齢になるほど乳首の色は濃くなっていく?

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN