人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン
イヴ・サンローラン・ボーテから、多忙な現代女性の肌老化に着目したスキンケアライン「PURE SHOTS」が誕生する。鍵を握るのは、モードの帝王と呼ばれたムッシュ イヴ・サンローランが愛した街マラケシュの大自然の恵み。サンローランの美の哲学を紐解きながら「PURE SHOTS」誕生のルーツを辿ろう。

〔PR〕イヴ・サンローラン・ボーテから、多忙な現代女性の肌老化に着目したスキンケアライン「PURE SHOTS」が誕生する。鍵を握るのは、モードの帝王と呼ばれたムッシュ イヴ・サンローランが愛した街マラケシュの大自然の恵み。サンローランの美の哲学を紐解きながら「PURE SHOTS」誕生のルーツを辿ろう。

ムッシュ イヴ・サンローランが
愛したモロッコで辿る、
YSL“美の本質”

20世紀を代表する天才クチュリエ。マラケシュのエキゾチックな色彩にインスパイアされたコレクションや、伝説の名香オピウムなど、モードとボーテの世界に多大な功績を残した。

すべての始まりは
モロッコとの出会いから

ビューティコンシャスな方なら一度は耳にしたことがあるだろう。20世紀を代表するモードの帝王イヴ・サンローランがマラケシュに創造の隠れ家を構え、並外れた感性を開花、モードの歴史を塗り替えてきたことを。ムッシュがモロッコと出会ったのは、隆盛を極めた33歳のとき。幾何学模様のゼリージュやジェラバ、カフタンといった美しい民族衣装、街中を彩るブーゲンビリアやローズ色の建築物など、怪しくエキゾチックな色彩の世界に一瞬で恋に落ち、マラケシュの旧市街メディナに邸宅を購入。「マラケシュがわたしに色を教えてくれた。マラケシュに来るまでは、すべてが黒一色だった」というエピソードが物語るように、モノクロームの構築的な世界から一転、情熱的で色鮮やかなルックを数多く発表するなど、モロッコと出会って以来、作風も大きく変化している。1978年には「自分が作った服を着ている女性に顔を与えたい」という思いからメイクアップラインを発表。一世を風靡した「ルージュ ピュールNo・19」や名香「オピウム」など、美容史に残る名品も数多く輩出。それらもまたマラケシュからインスパイアされたものばかり。それほどまでにイヴ・サンローランのクリエイション、美の哲学を語るうえで、マラケシュは避けて通れない大事な場所なのだ。

Aマラケシュから続く、サハラ砂漠の風景。B乾いた大地には多種多様なサボテンが生息。現地では食用としても利用されている。Cムッシュが生前に多くの時間を過ごしたマラケシュの邸宅。マジョレルブルーと呼ばれる鮮やかなブルーが特徴的だ。D、F2017年に誕生したイヴ・サンローランミュージアムは、マラケシュの観光名所のひとつに。イヴ・サンローランの輝かしい軌跡が堪能できる。E、Gマラケシュは、ミステリアスな色彩と甘美な余韻が美しく交錯する街だ。

新しい美の歴史もまた
ムッシュが愛した街から
その後もイヴ・サンローランとマラケシュの絆はより強固なものに。2017年にはムッシュの邸宅が残るマジョレル庭園に隣接してイヴ・サンローラン ミュージアムがオープン。また、YSLボーテ最高峰ライン「オールージュ」のキー成分に稀少なモロッコ産サフランを採用、アトラス山脈の麓にはスキンケアマニフェストを具現化させるウリカガーデンのプロジェクトもスタートした。そして、ボタニカルのパワーとサイエンスを融合させ、いよいよ現代女性のための新エイジングケアライン「PURE SHOTS」が誕生する。現在もそして未来も、YSLボーテの幕開けは、ムッシュのスピリットが色濃く残る悠久の地モロッコから始まっているのだ。



独自の製品原料を育成する、
YSLボーテのウリカガーデン誕生
以前より、サフランやアルガンなど、モロッコ独自の自然環境が育むボタニカル成分を研究していたYSL。ついに、植物学者でありランドスケープデザイナーとして活躍するオサール&モリエールとともに、アトラス山脈の麓にあるウリカ渓谷に、広大なウリカガーデンを開設した。「モロッコの過酷な気候条件に耐えうる植物の可能性をサイエンスで解き明かすとともに、スキンケア製品に応用できる植物の保護をサステイナブルに取り組むことが私たちの使命です。ウリカガーデンは有機栽培、手作業が基本で、現地女性の雇用を確保することで経済支援も行っています。一年に1度しか開花しないムーンライトカクタス、ウチワサボテンのコレクションをはじめ、アイリス、ジャスミン、マリーゴールド、サフランなど20種類以上を栽培。植物の多様性と可能性も研究しています」(モリエール氏)。「PURE SHOTS」のキー成分となるムーンライトカクタスはもちろん、ウリカガーデン産だ。

D、Eもともとモロッコでは砂漠化の進行を食い止め、動物の生命維持のために500万エーカー以上のサボテンを栽培。ウリカガーデンのムーンライトカクタスは7月から8月の間たった1日のみ開花し一晩のうちに収穫される。F、Gベルベル人の女性たちを雇用し、経済支援も兼ねるウリカガーデン。5月はマリーゴールドの花の最盛期で、収穫は手作業で行われる。

Aマラケシュで開催された「PURE SHOTS」の発表会には、世界10カ国以上のプレス関係者が出席。B配合成分、ムーンライトカクタス。Cアトラス山脈の麓にある瀟洒な邸宅が会場となった。

世界で初めて過労肌に向き合い、肌への効果はもちろん、機能性や官能性、サステイナブルな視点まで、すべてを投影し作られた「PURE SHOTS」。

現代のライフスタイルがもたらす
過労肌問題にいち早く着目
環境の変化やストレスなど、現代女性の過酷な肌環境に警鐘を鳴らし、各分野のプロが結集した「YSLエキスパートコミッティ」。独自研究から判明したのが、都市型のライフスタイルを送る女性の肌は過労状態にあるということだ。体内時計の乱れと相まってエイジングが30%も加速するという。「肌内部のビタミンCやアミノ酸など5つの成分バランスが過労で崩れると、乾燥やシミ、ハリ低下などが顕著に。とくにアジア人女性は色素沈着系のサインが表面化しやすいようです」とフラマン博士。「5つの成分バランスを立て直すことが急務と考えサイエンスとボタニカルの相乗的な可能性を追求、『PURE SHOTS』を完成させました。過労肌という新しい肌老化要因と唯一戦う自信作です」(ネグレ氏)
※乾燥、キメの乱れ、くすみ感の目立つ肌など



ピュアショット
ナイトセラム
モロッコ産のムーンライトカクタスを配合し、寝ている間に過労肌を立て直す2層式セラム。翌朝にはしっとり艶やか、透明感あふれる印象に。ピュアショット ナイトセラム 30mL ¥10500、レフィル ¥9000(1月4日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ

「PURE SHOTS」を味方に 
 美肌を手に入れる時代へ 

 ハイスピードで生き抜く現代女性の肌には、いったいどんな未来が待っているのか。ストレスや過労による肌への影響はないのか? そんな疑問を解き明かし、新知見を応用。納得のいく肌効果を、素早く、確実に手に入れられるエイジングケアラインが誕生した。「PURE SHOTS」。過労によって崩れる肌の絶対成分バランスに着目し寝ている間にケアしてくれるナイトセラムに、肌ニーズに対応する3種のセラムと肌を整えるローションに、エネルギーをチャージするクリームの6品をラインナップ。キーとなる植物成分は、ウリカガーデンの過酷な環境のもとで栽培、独自の抽出プロセスによって完成したピュアでリッチなものばかりだ。なかでもナイトセラムに配合されたムーンライトカクタスは、一年に一晩、たった6時間だけ開花するタイミングに手作業で収穫。ボタニカルのパワーが凝縮されたものだ。ウチワサボテン配合のYセラムは引き締まった印象に、マシュマロエキス配合のライトセラムは透明感と明るさを、アイリスエキス配合のLセラムはハリと弾力を。クリアで美しいパッケージはレフィル&リサイクルできるサステイナブル対応という配慮もうれしい。この「PURE SHOTS」の誕生によって、ライフスタイルを変えたりなにかを諦めることなく、欲しい肌を手に入れる時代に!

多忙なMAQUIA世代の肌にマストなナイトセラムと、肌悩み別にプラスできる3品で、なりたい肌に。(右から)イヴ・サンローラン ピュアショット ナイトセラム、すっきり引き締まった印象を望む肌に。同 Yセラム、くすみ感が気にならない、冴えた透明の肌に。同 ライトセラム、肌をふっくらハリ感のある印象に。同 Lセラム すべて30mL 各¥10500、レフィル 各¥9000(1月4日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ




●お問い合わせ/イヴ・サンローラン・ボーテ 0120-526-333 
※表示価格は推奨小売価格です。

撮影/YAS(モロッコ取材) 大原敏政〈aosora〉(物) 構成・文/安倍佐和子 企画/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

UPDOWN