PR
濃密なカラー、しなやかでクリーミーなつけ心地…これぞマットの理想形 YSLのレザーマットリップに夢中!
ひと塗りでビシッと決まる! 比類なきマットを体感せよ 今シーズン、一躍リップトレンドの主役に躍り出たマットテクスチャー。YSL グローバル ビューティーディレクターのトム・ペシューがクリエイトする初のリッププロダクトは、持つ姿や唇に塗布する所作まで美しく、スリム&エッジィなボディが目を惹く。最大の魅力は“レザーマット”と名付けられた、他とは一線を画す仕上がり。その名の通り“上質な本革”を彷彿させるリッチさを持ち合わせながら、気負いないカジュアルさが共存する。まさに唯一無二のマットリップ。唇にそっと寄り添いながら一体化するしなやかかつクリーミーな塗り心地は、一度体感したら最後、きっと虜に――。

ルージュ ピュールクチュール ザ スリム

スタイリッシュな佇まいのスクエアシェイプは、エッジが取りやすいという実用性も。
ワンストロークで鮮やかに発色し、レザーを思わせる滑らかでしっとりとしたマット質感が楽しめる。色持ちの良さも抜群。

全16色+限定1色 各¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ

ルージュ ピュールクチュール ザ スリム 特設サイト
Emi dressed in color no.21,“ROUGE PARADOXE”“ROUGE PARADOXE”スタイルが宿るディープレッド 深紅と呼ぶに相応しい、レザーマットな赤。大胆かつ緻密にアウトラインを描くようにひと塗りすれば、自分らしさの魔法がかかる。 Emi dressed in color no.17,“NUDE ANTONYM”スタイリッシュなロージーヌード まるで美しい唇そのもののようになりすます、ヌーディなくすみローズ。さりげなく、女性らしいムードを唇から放って。
新しいわたしに出会う究極のマットリップ全17色 ブランドシグネチャーでもある、レッド、オレンジ、ヌード、ピンクの4種からなるカラバリが圧巻!

★えみ使用色

肌に溶け込むようになじむヌードトーンから、
アクセサリー感覚でつけこなしたいヴィヴィッド系、
メイク魂がうずくダークカラーまで、圧巻のバリエーション。
唇のくすみや色ムラもカバーするフルカバレッジだから、
見たままの発色を楽しめる。

01必ず持っておきたいトゥルーレッド
02視線を集めるブライトオレンジ
04華やかさとエッジが加わるディープフューシャ
05モードニュアンスのプラムピンク
08クールさも持ちあわせるホットフューシャ
09洗練された空気感を放つバーガンディ
10鮮烈な印象を宿すオレンジレッド
11フェミニンさ漂うウォームヌード
12カジュアルさが魅力のヌーディーレッド
14エネルギッシュな唇で挑発するようなホットピンク
16優美でトレンド感のあるダスティローズ
17くすみニュアンスがこなれ感を生むロージーヌード
18つけるだけで周囲と差のつくアヴァンギャルドなプラムレッド
21肌までも白く見せるディープレッド
23パッションを秘めたテラコッタレッド
24センシュアルでフェティッシュなムードのミルキーヌード
25ダークカラーの中にピンクのグリッターがきらめくグリッタリープラム

ルージュ ピュールクチュール ザ スリム

各¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ(25のみ限定色)

イヴ・サンローラン・ボーテ ブランドサイト
Facebook Twitter

※表示価格は推奨小売価格です。

撮影/岡部太郎〈SIGNO〉(モデル) 五十嵐 真(物) ヘア/RITSU〈Perle Management〉 メイク/NAO YOSHIDA 
スタイリスト/古田千晶 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/森山和子 構成/山下弓子(MAQUIA)