可愛いだけのピンクは卒業、この春は大人仕様のピンクメイクを取り入れて。アガるピンク、溶け込むピンク、纏い方ひとつで洗練女顔に。
  • 青み系ピンクはワンポイント使いで!

    大人のピンクメイクを成功に導くカギは、自分のテンションがアガるかどうか。全面ピンク押しより、強い色をピリッと効かせるぐらいが効果的。まずはヴィヴィッドピンク×アクセントラインのメイクレシピをご紹介。

  • とけ込むピンクで上品に色っぽく

    ピンクメイクをさりげなく、より大人っぽく取り入れたいなら、肌になじむ色味のワントーンメイクで仕上げて。黄み系ピンクのワントーンなら、ヘルシースウィートな表情に♡

  • 絶妙なスモーキーピンクでアンニュイアイに

    肌にとけ込む大人のくすみ系ピンクを目もとに纏って、頬と唇も同色で統一。パーツすべてに重ねたピンクが、上品で印象的な表情に。マットリップはラフに仕上げて抜け感を出すのがポイントです。

  • 大人なら潔く、艶やかなピンクリップ一点主義で!

    気分がアガるピンクでハッピーボルテージをアップ!高発色の青みピンクを唇に効かせたら、目もとはとけ込むブラウンで引き算して。春夏ファッションと相性のいい最旬メイクはコチラ。

  • シンプルな顔立ちに似合う大人めピンクシャドウ

    ピンクはピンクでも、ボルドー寄りのシックな色みなので、女顔でも甘くなりすぎることなく、色っぽい雰囲気。ラインレス&ブラウンのマスカラで柔らかい印象をキープするのが正解。

  • 2色使いで甘辛仕立て、が中村アン流

    この春の注目カラーをアンちゃんに聞いたところ、ピンクと即答!ピンクのアン流の取り入れ方とは?「美肌効果を狙うときは、柔らかなベビーピンクを着ることが多い」という有力情報も!

  • ピンクとラベンダーが奏でる 究極の愛されフェミニン

    泉里香さんはやさしいピンクのワンピースに、溶けこむようなワントーンメイクを披露。色を主張させず、デリケートなピンクをニュアンスで重ねていって究極の愛されフェミニン顔に。

あなたにオススメのまとめ

こちらもCheck!

UPDOWN