デカ目=盛りさえすれば……というのは今の時代はトゥーマッチ! “彫り”を仕込むアイメイクなら、どんなまぶたでもナチュラル&印象的に。
  • 神ブラウンパレット
    でデカ目に!

    生まれもった骨格は簡単に変えられないけれど、影をコントロールしてナチュラルデカ目に見せることなら、メイクで可能! “彫り深感”を演出するために必要なマット系のブラウンシャドウパレットのメイクテクをご提案。

  • 二重さんの
    彫り深アイメイク術

    二重さんは、影を加えすぎるとド派手な印象に。影は横に広げすぎず、眉に向かって縦方向を意識してのせれば、バランスのよい“彫り感”が生まれます。やりすぎないよう、ブラウンシャドウは力が入りにくい薬指を使うのもコツ。

  • 奥二重さんは
    目頭よりを彫って!

    奥二重さんの多くは、目頭側に影がつきにくくのっぺりとしてしまう傾向に。だからこそ、影色となるブラウンシャドウは目頭に少しボリュームを持たせるのが正解。下まぶたにも少し影を加えると、より自然な彫り感が生まれます。

  • 一重さんは上下の
    合わせ技でデカ目に

    上まぶたが広く見えがちな一重さんは影をたっぷりと加えたくなるけれど、色が目立ちやすいのでやりすぎは禁物。その反面、下まぶたにたっぷりボリュームを置いても派手に見えないのが強み。上下の合わせ技でバランスよく!

あなたにオススメのまとめ

こちらもCheck!

UPDOWN