気になるブランドをマキア編集長が徹底取材。「癒やされる」「世界観が好き」「新作は要チェック」と、美容のプロからも支持されるファミュ。その理由を知るために、創始者であるケリーさんを直撃しました。

FEMMUE ファミュ ローズ 癒し エミトーク

気になるブランド&美ネタに触れたい、語りたい!
マキア編集長が最新美容に直あたり取材
エミトーーク

第4回 FEMMUE (ファミュ)
花々のエナジーで"セルフラブ"を実現。
肌も心も満たして美しさをサポートする

ケリー・ジョンさん

ファミュ ファウンダー&クリエイティブ ディレクター

ケリー・ジョンさん

海外コスメを取り扱う前職時に「自分が本当に欲しい化粧品を開発したい」という思いに駆られ、4年の研究開発期間を経て2015年に韓国で「FEMMUE(ファミュ)」をローンチ。現在は、アメリカ、イギリスをはじめ、日本でも展開中。 

清田 恵美子

マキア編集長

清田 恵美子

MORE編集部から広告部での営業職を経て、’14年からMAQUIAへ。フットワークの軽さがモットー。実際に試して感じて、直あたりレポートをお届け。

毎日のスキンケアを
“セルフラブ”の時間へ

清田 ファミュのお手入れは、肌も、心も満たしてくれますよね。
ケリー そう言っていただければ成功です! 私は“セルフラブ”を大事にしているので、それを体現できるコスメを作りたかったんです。
清田 ファミュが韓国でデビューしたのは、2015年とお伺いしましたが、作ろうと思ったきっかけは?
ケリー 私は美容が大好きで、ファミュを創業する前は、グローバルに展開するビューティ関係の仕事を12年間していました。ただ、韓国はトレンドサイクルがとても速く、それにちょっと疲れてしまったんです。美容のことを愛しているけれど、今の仕事は自分がやりたいことなのか? そう考えている自分にも疲れてしまって。そんなとき、フラワーアレンジメントをやる機会があり、花に触れるうちにそのパワーやエナジーに癒やされる自分がいたんです。そこから、フラワーセラピーコスメを作ろうと思ったのです。
清田 花を使ったコスメはありますが、フラワーセラピーコスメとは?
ケリー 色や香り、手触り、効能まで、花が持つ要素をすべて取り入れたブランドを目指しました。ファミュを使う瞬間、自分と向き合い、癒やされる前向きなエネルギーに満たされるように、と願って。
清田 だからファミュでケアすると、心まで満たされるんですね。
ケリー 現代人は忙しい毎日で呼吸が浅く、表情も固くなりがち。でも、5分でいいからセルフケアの際に、香りやテクスチャーで心を満たして欲しい、と思ったんです。
清田 最近はマキアでも、「肌だけでなく心まで」というメッセージを伝えているのですが、読者にすごく共感してもらえるんです。それを今から6年前に提案していたとは! 
ケリー 当時の韓国は、トレンド優先で、ナチュラル成分よりすぐに効果実感できるアイテムに注目が集まりがちでした。なので、まずはアメリカに進出したのです。
清田 日本のほうがファミュの哲学を受け入れやすかったのでは?
ケリー 日本のローンチが2018年だったのですが、私が来日した2016年にはすでにナチュラルコスメの土壌が整っていたので、ファミュが受け入れられることは直感的に感じました。日本はコスメに多様性があるし、好きを突き詰めていく傾向がありますよね。そのオタク気質が私とよく似ているんです(笑)。

花のエナジーをファミュに♡

ローズの香りに心が解き放たれる

クイックなお手入れでローズパワーをチャージ

(右)
ローズ ソフトナー

ダマスクローズのフローラルウォーターとヒアルロン酸Naで、ゴワついた肌を柔らかい状態に整える導入美容液。洗顔後すぐの肌に使用。50ml ¥3960/アリエルトレーディング

(中)
ローズインフューズド 

トーニングパッド
ローズ+ハイビスカスエキスを豊富に含んだパッドで保湿+鎮静+角質ケアを叶える。目的に合わせて表裏のパッドを使い分けして。60枚入り 180ml ¥4400/アリエルトレーディング

(左)
ローズウォーター 

スリーピングマスク
ダマスクローズをジェルに閉じ込めたマスクは、塗って一晩おくだけでみずみずしい肌に。ゆらぎ肌、敏感肌でもOK。香りにもうっとり♡ 50g ¥4620/アリエルトレーディング

「予想以上にヒタヒタ。肌状態に合わせて角質ケアもすごく穏やかにできるし、保湿鎮静の実感も高い!」

「予想以上にヒタヒタ。肌状態に合わせて角質ケアもすごく穏やかにできるし、保湿鎮静の実感も高い!」

今の時代にぴったり!
「ローズ」ラインに注目
清田 この秋は「ローズ」ラインに3品目のトーニングパッドが登場しましたが、他のラインとの違いは?
ケリー ファミュにはこの夏にライン化されたクリアな肌へと導く「ルミエール」ラインがあるのですが、理論も使い方もちょっとマニアック。なので、シンプルだけど効果を実感できる「ローズ」ラインを作りました。
清田 保湿、鎮静、角質の3つのケアができるトーニングパッドは、韓国ではポピュラーだと聞きました。
ケリー 長引くマスク生活で、スキンケアをあれこれつけたくない、というマインドから、1つでいろいろできるアイテムが注目されています。さらに昨今は、ごみを出さない、自分に合うものだけをチョイスするなど、ミニマリズムの傾向に。
清田 その思想は日本にもフィットしそう。今後のファミュの展開は?
ケリー 私自身がほうれい線が気になりだしてきたので、本格的なエイジングケアアイテムを考えたいです。あと、ナチュラルで水彩画のようなメイクアイテムとか……。
清田 どちらもとても気になります。ぜひ開発して欲しいです!

ここに惚れた!

改めてファミュの世界にハマりました
ファミュを使うたび、「肌だけでなく心まで満たされる、このシアワセ感が好き」と感じていましたが、ブランド創業時のお話を伺い、その理由がわかりました。ハッピー感と情熱に満ちたケリーさんのチャーミングなお人柄が、製品の1つ1つに投影されていて、ますますファンに。

MAQUIA 1月号
撮影/土佐麻理子 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/清田恵美子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2022年1月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share