「MAQUIA」10月号から、マキア編集長が最新美容を徹底取材する新連載がスタート。第1回目は「SHISEIDO」にクローズアップ。進化を遂げた美容液、アルティミューンの魅力に迫ります。

強い美しさをさらに引き出す新アルティミューンが誕生【エミトーーク 第1回 SHISEIDO】_1

気になるブランド&美ネタに触れたい、語りたい!
マキア編集長が最新美容に直あたり取材
エミトーーク

第1回 SHISEIDO
強い美しさをさらに引き出す
新アルティミューンが誕生
世界で6.8秒に1本のスピードで売れている※1とともに、200のビューティアワードを受賞している※2、SHISEIDOを象徴する美容液がパワーアップ。そんな人気美容液のリニューアルに携わった飴野優子さんにお話を伺いました。
※1 出荷本数2020年1月~12月(1日24時間として算出)。※22020年12月時点の全世界における受賞総数。

SHISEIDO  グローバル マーケティング担当 飴野 優子さん

お話を伺ったのは
SHISEIDO 
グローバル マーケティング担当
飴野 優子さん
入社3年目よりブランドSHISEIDOに所属。スキンケア商品開発業務を中心にマーケティング業務に従事。近年はアルティミューンのハンドクリームやパワライジング コンセントレート Ⅲに関するマーケティング業務を担当。

マキア編集長 清田 恵美子

マキア編集長
清田 恵美子
MORE編集部から広告部での営業職を経て、’14年からMAQUIAへ。フットワークの軽さがモットー。実際に試して感じて、直あたりレポートをお届け。

対談の風景

美がめぐり、強さに。
人気の美容液が進化
清田 アルティミューンは、2代目が登場した2018年に、ボストンにある皮膚科学研究所「CBRC」へ取材に訪れた縁もあり、個人的にも思い入れがある製品なんです。そんなアルティミューンがまたパワーアップしましたね。世界中で愛されている人気美容液をさらに進化させようと考えた背景を教えてください。
飴野 「内側からの美しさを引き出す」をコンセプトに、2014年に誕生させたアルティミューンですが、このコンセプトは変わりません。特にここ数年は、世界中が「もともと持っている力を引き出したい」というマインドになっています。事実、世界のお客様の意識調査をした4カ国において、「肌がきれいだと感じる瞬間がもっと長続きしてほしい」が共通で首位でした。
清田 マキアでも「自分の肌を高める」企画は人気があります。やはりコロナ禍の影響もあり、この意識は世界的な希望なんですね。では、具体的に「肌がきれいな状態」とはどのような状態なんでしょうか?
飴野 普段生活をする中で、肌の状態が良い、理想の肌、と実感する瞬間は、血流が良い状態とリンクしていると考えられます。それは入浴後の肌だったり、運動後の肌です。実際、お風呂上がりの肌を模すために、肌に温熱刺激を加え、その後の毛細血管の状態と弾力を測定してみると、肌の血流や角層水分量がアップするだけでなく、肌の弾力まで向上することがわかりました。
清田 すごくわかりやすいです。恒常的に血流の状態が良い理想の肌状態ってありますよね。ということは、湯上がりのような肌状態をずっと続かせるにはどうしたらいいのか、ということですね。
飴野 そうなんです。SHISEIDOは、これまでの知見を結集し、テクノロジーを開発しました。
清田 先進サイエンスを搭載してパワーアップを果たしていますが、テクスチャーなどはいかがですか?
飴野 当初よりテクスチャーと香りには高い評価をいただいているので、逆にこれを大きく変えないように調整するのが難しかったです。
清田 2代目よりとろみが出た感じがしますが、これがパワーを感じさせます。香りは、これまで通り、グリーンフローラルで、使っているとホッとします。

新グローバルアンバサダーに宇多田ヒカルさん

新グローバルアンバサダーに宇多田ヒカルさん
「初めてビジュアルを見たとき、あまりの美しさ、カッコよさに思わず感動しました! とても自然体なのに強さも感じさせる、アルティミューンにぴったりだと思いました」(清田)

SHISEIDOの肌研究
強く美しい肌を目指すために、20年以上にわたって肌の免疫システムの司令塔であるランゲルハンス細胞の研究を行ってきた資生堂。今回新たに全身をパトロールし、敵を見つけ次第攻撃するNK細胞にも着目。この最新の免疫知見に、世界をリードする血流研究の新知見にも着眼し、肌の防御機能を高め、免疫力が高く、生き生きとしたつややかな肌を目指します。

SHISEIDO アルティミューンTM パワライジング コンセントレート Ⅲ

SHISEIDO
アルティミューンTM
パワライジング コンセントレート Ⅲ
明るさ・ハリ・なめらかさが備わった、生命感あふれるつややかな肌へ。これまで以上に肌への期待が高いと評判。フレッシュでエネルギーに満ちた感覚をイメージしたグリーンフローラルの香り。50ml ¥13200

みずみずしいテクスチャー 使用イメージ

コクがあるのにスーッと引き込まれるようになじむみずみずしいテクスチャーだから、いつものお手入れにプラスしやすい。

非接触で肌内部の美の
めぐりが可視化できる!
清田 そしてもう1つ興味深いのが、非接触で肌内部の美のめぐりが即座に測定できる「ビューティー・アライブ・サーキュレーションチェック」。どのような流れで測定をするんですか?
飴野 まずはやってみましょう! 最初に性別や年齢、肌悩みなど基本情報を入力。その後、2つのカメラで肌の外側と内側のコンディションを撮影。すぐに肌表面と肌内部の状態の測定結果が表示されます。
清田 もう結果が出ましたね! 想像以上にいい結果! メイクオフをせず、こんなに短時間で測定できるなんてうれしすぎます。これは何が基準になっているのですか?
飴野 生命感あふれるつややかな肌のための3大要素、①透明感あふれる輝き、②なめらかさ、③ハリ・弾力を指標にし、そのバランスを三角形のグラフ「アルティメートトライアングルスコア」で結果を表示しています。
清田 肌がわかることで最適なケアができ、それにより自分の力がさらに引き上がりそうですね。


肌内部の「美のめぐり」を測定する
サービスも開始

肌内部の「美のめぐり」を測定するサービスも開始

1 まるでミラーのような肌測定器。2 トータルスコアは73点! しかも、アルティメートトライアングルがきれいな三角形に。3 理想とする肌状態を目で確認することができる。4 ①輝き、②なめらかさ、③ハリ・弾力の数値でトライアングルを形成。

ここに惚れた!

毎日使うのが楽しみに!
スタイリッシュな赤のボトルにまず、湧き上がる美を感じてテンションUP。効果実感の高さに定評がありますが、私は最初にハリを感じました。塗ったあとすぐの透明感がアップ。まさに自分の肌に足りないところへアプローチしてくれる感じ。もう、100%委ねるしかありません♥

MAQUIA 10月号
撮影/土佐麻里子 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/清田恵美子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share