炭酸技術や土台美容液のお手入れ習慣など、常に新たなソリューションを提供している花王から、想像もつかなかった画期的な製品が登場。「MAQUIA」2月号の連載『イトーーク』では、そんな事件をスクープ!

Image title


Image title

マキア編集長
伊藤かおり

non-no、MORE編集部を経て’08年からマキアへ。入社以来人物インタビューを中心に取材してきた経験を活かし、美容=人生を誌面づくりのモットーに。


Image title

花王 コンシューマープロダクツ事業部門
ソフィーナ事業部 エスト ブランドマネジャー
葉山信太郎さん

20年以上にわたりラグジュアリーブランドのマーケティング一筋。グローバルブランドへの本格的なリニューアルを開始した2019年より現職に。


エストから革新的な美容ツールが登場

伊藤 花王が開発したファインファイバー テクノロジー(積層型極薄膜形成技術)。この技術を応用した第一弾製品がついに発表されましたね。美容ギア好きの人にも新鮮に映るのでは?

葉山 楽しくお手入れできるものを目指したのはありますが、エストは2019年、11月に発売した「GPサイクルセラムケア」を皮切りに、本格的なグローバルブランドとしてリスタートを果たしました。それに続くのが今回発表した「バイオミメシス ヴェール」です。

伊藤 「たった一本の糸から始まる、未来の肌体験」というキャッチのとおり、糸なんですよね。それがとても不思議。

葉山 本製品は、まず長時間賛沢な潤いで満たす美容液を肌に塗り、その後肌の上に膜を作る溶液を機器を用いて直径1ミクロン以下の極細繊維にし、直接肌に吐出して肌上に積層型の極薄膜を作ります。極薄のヴェールをまとうことで一晩中適切な湿潤環境を作り、翌朝驚きと感動をもたらします。

伊藤 実際試してみましたが、肌にのっていると感覚はまったくないんですよね。しかも、簡単に剥がして取ることができる。以前、このファインファイバー テクノロジーの勉強会に参加させていただいたことがあるのですが、製品化するならベースメイクかな?と思っていましたが、まさかスキンケアになるとは!

葉山 一緒に組み合わせる製剤によってボディケアやメイクアップ、アートなどにも活用ができます。もちろん、メイクアップ分野も視野に入れています。


肌の上で湿潤環境を作って美のポテンシャルを引き出す

伊藤 医療分野でも湿潤環境にすることで傷をキレイに治すのが主流になってきていますよね。

葉山 肌表面の水分環境を適度に整えることで、自身の肌の力を引き出すことを目的に開発されました。しかし、湿潤環境は肌を密閉すればいい、というものではありません。適度に水分蒸散することが大切。これを実現できたのは、極細繊維が持つ高い毛管力。これにより併用する製剤を速やかに膜全体に均一に広げ、しっかりと保持することが可能に。一方、繊維の隙間から適宜水蒸気を通すので、肌を完全に閉塞することはなく、適度な透湿性も保てるのです。

伊藤 “肌が持っている自らの力を引き出す”というのがエストらしいし、まさに今の美容に求められているもの。誰しも“自分の肌は弱いんじゃないか”と感じていて、なかなか自分の肌に自信が持てない。そこを化粧品で底上げし、“自分の力でまだがんばれる、未来がある”と思えるのは素晴らしいことですね。


Image title

(中)エスト バイオミメシス
ヴェールディフューザー
¥50000(レフィル別)

極薄ヴェールを作る化粧液「ヴェールポーション(9ml ¥8000)」をセットして吹き付ける、高性能小型機器。乾電池式で軽く扱いやすい。


(左・右)エスト バイオミメシス
ヴェールエフェクター
40g ¥12000

贅沢な潤いで肌を満たす美容液。スキンケアの最後になじませる。


葉山 エストは、まだまだ自分の伸びしろを信じ、成長できると思っている女性にアプローチしたいと思っています。

伊藤 しかもこのファインファイバー テクノロジーだけではなく、花王が得意とするラメラ構造を持つ製剤技術との相乗効果と聞いて納得しました。何より、いつものお手入れ効果をさらに高めてくれそうな期待が高まります。

葉山 今回の製品は、夜のスキンケアの最後に加える2ステップからなるスペシャルケアアイテムです。夜のお手入れの最後にまず美容液の「ヴェールエフェクター」をなじませ、次に「ヴェールディフューザー」に化粧液をセットして肌に吹き付けます。すると、肌の上でなじんで透明になり、まるで自分の肌のように一体化して、寝ている間も長時間密着しています。翌朝、剥がして洗顔を。


毎日の睡眠時間がエステタイムに!?

伊藤 美容成分でケアするのではなく、肌の湿潤環境を整えて乾燥から守ることで、肌荒れや人によっては小ジワだって目立たなくなる、というのは本当に懐が深い。寝ている間に、というのは、忙しい現代女性にもぴったりですよね。しかも寝返りを打ってもズレないし!

葉山 寝ている時間というのも美容時間。それこそ飛行機に乗っている間とか。これまで想定していなかったシーンで使うことで、美容時間がもっと広がっていくと思います。

伊藤 そうした発想が、これからの人生をより豊かにしてくれるのでしょうね。


Image title

夜のケアの最後に「ヴェールエフェクター」をなじませてから使用。1 顔からこぶし1個分離し、機器を下から上へと何往復かしながら片頬に噴射。反対側、額も同様に。2 今回は手でお試し。肌表面が白くなるまで吹き付ける。そっと指でなじませ、透明になったらOK。3 剥がすときは刺激もなくスルッ!


Image title

最近変えた生活習慣はありますか?

「50歳を過ぎ、体調管理に気を配るようになりました。これまでは気力で乗り切れていましたが、最近は素直に体からSOSが出るようになって(笑)。そこで、日常的に続けられる発酵食品に注目し、夜眠る前に甘酒をいただくようになりました。もう1年くらい続けていますが、眠りの質がよくなり快適です。いろいろ飲み比べて“利き甘酒”をしていますよ」



MAQUIA 2月号

撮影/土佐麻理子 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share