酵素洗顔が好き!

スキンケア

マキア6月号の「毛穴たたき洗顔」で紹介されていた 酵素 洗顔料 をドラッグストアでget☆

Image title

Image title

肌極(はだきわみ) つるすべ素肌洗顔料

2015/3/16 新発売
0.4g×32包・1,400円(税抜)
トライアル 0.4g×15包・700円(税抜)


Image title

Image title


天然コメ由来保湿成分(ライスステロール※・コメヌカオイル・コメ胚芽油)と肌にマイルドなアミノ酸系洗浄成分を配合した洗顔パウダー。

タンパク分解酵素プロテアーゼ配合で、肌表面の老化角質や毛穴の奥の汚れを、酵素の力でやさしく分解

シトラスグリーンフローラルの香り付き。(←ニオイに敏感な私ですら気づかないレベル。)



Image title↑マキア6月号。黒ずみ毛穴・乾燥毛穴・たるみ毛穴・詰まり毛穴・皮脂毛穴… ケア方法の異なる毛穴すべてを週一回のスペシャルケアで一網打尽にするワザをコスメコンシェルジュ 小西さやかさんがレクチャーされています。




酵素洗顔料とは・・・


酵素」のタンパク質や脂肪を分解する作用によって、古い角質や余分な皮脂、汚れなどを取り除くことができる洗顔料のこと。

くすみ、ザラつき、毛穴の黒ずみや角栓が気になる肌におすすめ☆

パウダー状のものが多く、ぬるま湯でよく泡立てて使います。(泡立たないものもあります。)

洗浄力強めのイメージがある酵素洗顔料ですが、(私、酵素洗顔好きで、過去に色々試しているけれど)最近では(suisaiのものも含め)わりとしっとり洗い上げてくれるものがほとんど。

それでも私のような敏感に陥りやすい乾燥肌質の場合、肌状態をよく観察して取り入れることが重要。


酵素洗顔料は、汗ばむ今の時期、晩のみ使用で、3日に一度ペースで使っていますが、それほど毛穴汚れを感じなかったり、何かの摩擦で肌に少し赤みが出ているときなど肌が敏感に感じるときは使うのをやめて、さらに間隔をあけるようにしています。

(商品自体に使用ペースなどの記載はないけれど、肌質関係なく2〜3日に1度程度の使用が良いのかな、と思っています。過度な角質除去をしてターンオーバーが早まりすぎると、未熟な構造の肌が作られてしまい、外部からの刺激を受けやすく乾燥、敏感を加速させてしまうため。)



そんな酵素洗顔といえば、今までsuisai「ビューティークリアパウダー」がお気に入りで常時ストックしているのですが、
そちらと個包装パケや内容量がそっくり!(ドラッグストアでは)お値段もそれほど変わりない「肌極」のコチラ。


これは使い比べてみなければ!





と思ったものの・・・


Image title↑写真(右)ビューティ クリアパウダーa suisai (カネボウ化粧品)【医薬部外品】【無香料・無着色】

0.4g×32個 2,000円  0.4g×15個(トライアル) 1,000円(ドラッグストアにて、こちらの定価の35~40%OFFの値段で売られていることが多いです。)



うーん・・・正直、どちらも

酵素洗顔パウダーとしては合格点!の泡立ち。

Image title↑肌極「つるすべ洗顔パウダー」を洗顔ブラシ使用で泡立てたところ。(酵素×洗顔ブラシで洗浄力強め…)泡立てスポンジを使うと さらに泡立てることができます。


ざらつきがとれて、つるつる すべすべの肌に!


乾燥肌の私も安心して使える、洗い上がり しっとり。



「肌極」、「suisai」どちらかが際立って良い、という感覚はありませんでした(-_-)  残念ながら…?!




ただ、それぞれ配合成分をチェックしてみると、同じではないことが分かります。


Image title↑写真 (上)肌極 (下)suisai


成分は配合量が多い順に記載されるものですが、
肌極→コーンスターチに次いでアミノ酸系洗浄成分である「ラウロイルグルタミン酸Na」。次いでさらに洗浄成分「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」。

suisai→はニキビケア成分としてお馴染み、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」。洗浄成分としては「テトラデセンスルホン酸ナトリウム」。

(*オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、テトラデセンスルホン酸ナトリウムは同じ成分。)



また、それぞれパケなどに書かれている商品紹介を見て、私的にプッシュポイントだと感じる点が、


肌極酵素成分とともに天然コメ由来保湿成分アミノ酸系洗浄成分配合。「お米のうるおいで つっぱらない洗い上がりの保湿感

suisai2種の酵素成分(タンパク質分解酵素※1・皮脂分解酵素 ※2)配合。※1:プロテアーゼ-1 ※2:リパーゼ-2

さらに「グリチルリチン酸ジカリウム」配合。(とにかく)毛穴の黒ずみ・角栓除去!大人ニキビを防ぐ





ということで・・・
自分自身の肌質を考慮し、勝手な解釈ですが、


肌極は、インナードライ気味。乾燥を強く感じるけど、肌表面ゴワゴワする、毛穴汚れが気になる。肌の新陳代謝が上手くいってないなと感じるときに。酵素を使いたいけど、できる限り肌にやさしく洗いあげたいときに。

suisaiは、汗をかいて皮脂汚れ、毛穴汚れがMAX気になるときに。ニキビができたorできそう…なときに。

使うのがよいのかなーと感じました。


そうすると私の場合、肌極のほうが使用頻度が高くなりそうな気もするけれど・・・。(笑)


肌状態に合わせて、なんとなく使い分けてみようと思います。






RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN