【メイクでエイジングケア】リップメイクにもうひと手間!理想の唇に整える方法

メイクアップ
いいね! 8件

私にとって一番年齢を感じやすく、悩みの多いパーツといえば「目もと」なのですが、

ここ最近、新たにとっても気になっているのが・・・口元! 唇! (´д` ;)


(もともと自分の唇のかたち自体があまり好きではない私です…。)


具体的には・・・


Image title

口元の シワ・たるみ によって・・・

① 唇の輪郭がぼやけてきた。(唇に向かって細かい小じわができてきた気がする…)

② 唇の血色感、ボリュームがなくなってきた。

③ 口角が下がってきた。



そこで、こういった気になる部分をカバーするため、以前に比べてリップメイクにちょっとした小技(補正)が必要になってきました。。

(年齢を重ねるごとに リップメイクは、リップクリームで保湿、リップ(+グロス) の手順のみでは済まなくなった…ということです…(涙))


マキア12月号にもあったとおり・・・メイクの「ほんのひと手間」って重要!

(こういった記事、欠かさずチェックしてます!)

★キワまで攻めるのがプロ!メイクの仕上がりが変わる簡単テク5連発
https://maquia.hpplus.jp/topics/account/news/makeup/MFYSQZQ

私の唇のエイジングによる悩みを解決する「リップを塗る前後のひと手間」3つの悩み別に分けて、書きだしてみました。(以下↓)

特にお悩みのない方にも、いつものリップメイクの仕上がりが格段に良くなるので、おすすめです!




① 唇の輪郭がぼやけてきた。(唇に向かって細かい小じわができてきた気がする…)

【ひと手間】→ リップを塗る前に、唇のアウトラインをとっておく!


使うのは、ポールアンドジョー「リップ コンシーラー デュオ」。2色の肌色(明るめ&暗め)のリップペンシル。

Image title

Image title


コンシーラーペンシルの色の薄いほうで上唇を、濃いほうで下唇を、唇の輪郭に沿ってなぞりアウトラインを描きます。その後、忘れず!軽く指でぼかします。

Image title


こうすることで、唇に向かって走る細かい小じわも目立たなくなり、後でリップを塗った時に、より唇の輪郭がキレイに出ます!

この時ついでに唇のかたちを理想の大きさに、左右対称になるよう補正します。




【つづき】:② 唇の血色感、ボリュームがなくなってきた。を解決するひと手間は、次ページにて! ≫≫



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN