ランコムのクッションファンデを使いこなす【tamaneko的】ポイント2つ

メイクアップ
いいね! 11件

今旬の生肌(ロースキン)に仕上げる この春マストなコスメと言えば・・・コレ!


Image title


メイクの先生、マキア エキスパート mami先生も絶賛!ランコムクッションファンデブランエクスペール クッションコンパクト 50」。

私も もちろんgetしましたよ〜!


Image title

ランコム ブランエクスペール クッションコンパクト 50

レフィル 5,200円/ケース 1,300円/替用スポンジ 500円

全5色  BO-01

SPF50+・PA+++

クッションコンパクトだからかランコムにしては珍しい韓国製。


クッションに含まれているジェリー状ファンデが、肌に塗る時リキッドに変化。肌に密着すると再びジェリー状になるという、最先端かつユニークな技術が搭載されたファンデ。

また疑似皮膚のようにジェリーが肌表面を包み込み、ナチュラルなのに艶やかな 生肌(ロースキン) に仕上げることができます。


そして

私が特に優秀さを感じたのが・・・

崩れにくく、保湿感が一日中キープされる点


これまで肌ツヤ重視のファンデといったら、素肌感を活かすために薄づき、ツヤを出すために油分多めのものが多く、崩れやすいといった印象を持っていたのですが、

このファンデには、そんな(ツヤを得るために)妥協しなくてはいけない点がなく、

まさにツヤファンデの進化形だと感じました。



私の使い方は、

(スキンケアのあと)ランコムのCCC(「UV エクスペール XL CCC」)を塗った後、このクッションファンデ。


Image title


このファンデならではな仕上がり(生肌感)を壊さないよう、出来るだけ上からパウダーをはたかないようにしています、

したいところなのですが、、、

季節柄ベタつきが気になり始めたので、部分的にイプサフェイスカラー デザイニングパレットのハイライトカラー、パーフェクテイングカラー(パール感が効いたパウダー)を使い始めました。

もしパウダーを使うとしたら、できるだけクッションファンデの質感が活かされるもの(粉っぽさが無い透明感の高いもの)を選びたいものです。(よって最近少しパールの効いたお粉、AQMWのお粉が今とても気になってます〜。)


Image title

(↑ チーク:キッカ「フラッシュ ブラッシュ14」(クリームチーク)アイ:キッカ「ミスティックパウダーアイシャドウ05」。ポイントメイクは、肌を際立たせてくれそうなアイテムをチョイス。先日の自己紹介の記事(→)も同じメイクです♪)


ちなみにカバー力に関しては、

ランコムの他ファンデと比べて…(私の感覚ですが)

アプソリュタンプレシャスセル>ブランエクスペール リキッド>これ>タンミラクリキッド、アプソリュタンサブリムエッセンスリキッド

といった感じ。まぁまぁカバー力あります。


ただ、CCCを下地に塗った場合、

CCCが毛穴やシミ、そばかす、くすみなどの気になる箇所はだいたいカバーしてくれるので、

このクッションファンデのほうには正直それほどカバー力は求めず・・・。

CCCでカバーし足りなかった部分を重ね付けする感じで、意外と雑に ポンポンと塗ってます。

ただそんな塗り方でも ムラになることなく均一について、

クッション初心者でもテクいらず、手軽に上手く仕上げられる点にも優秀さを感じました。


また、手が汚れず使える点、塗るとき肌がひんやり気持ちがよい点も魅力。



最後に

私、クッションファンデをまともに使うのは初めてだったのですが、

(お節介ながらw…)もしこれから使ってみようと思っている方がいたら、伝えておきたい!

と思っている2点を、次ページにて書きたいと思います。



つづき・次ページにて ≫≫



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN