意志のある目元をつくる「新常識」。シンプル・ナチュラルなのに目力アップ!

メイクアップ
いいね! 10件

トレンドの変化とともに、また歳を重ねて 顔立ちや生活環境の変化とともに、定期的なメイクのアップデートが必要。


特にアイメイクは、20代の頃そのままのメイク(私の場合、重ね塗り、ひたすら盛りメイク…:-))を続けていたら、イタい人になってしまう危険性大!

(アラフォーを目前に控え、今年厄年のワタクシ(ー ー;) 色々変化の歳(年)でもあり…)

再度自分のアイメイクを見直しつつ、トレンド感ある(歳相応の)メイクに変えていこうと思っているところです。。



そこで、

今まで当たり前と思っていた目を大きく見せるための常識(メイクアイテムの選び方やメイクテクについて)、

これからは【やめる】こと:

そして→→→

これから、新常識として【取り入れる】こと:

整理してみることにしました。





まずは

アイメイクの代表アイテム、アイシャドウ の仕上がりについて。


これからは【やめる】こと:アイシャドウの発「色」重視、濃いめグラデーションアイ。

→→→

これから新常識として【取り入れる】こと:透明感重視、ツヤ・輝きなど「質感」でつくる立体アイ。



具体的には、こんなアイシャドウを使って・・・

Image title

※以前ベストクリップ賞にてマキアオンラインよりいただきました。ありがとうございます。


コフレドール ソフトグラマラスアイズ
01 ベージュバリエーション
全4種 3,500円(税抜)2015年6月2日発売

11月16日に発売される「パーティコフレ」の限定色も必見。(予約始まってます!詳しくはこちら→コフレドール|カネボウ化粧品


肌馴染みの良いシナモンベージュにダークブラウンのラインとブロンズブラウンのニュアンスカラー。

ヘア&メイクアップアーティスト河北裕介さんのメイク本「河北メイク論」シチュエーション別EYE MAKE オフィスのページでも使われていたアイシャドウ!★まさに老若男女問わず万人受けしそうなナチュラルな色みでオフィスメイクにぴったり。



このパレット、まずスゴイ点が・・・ ↓

Image title
どの色を目元のどの部分にのせたら良いか一目瞭然!

パレットに取り付けられた透明フィルムにメイク方法が懇切丁寧に記されています。

しかも付属チップの使い方まで!

(ちなみに このフィルムはパレットにくっついているので、アイシャドウを使う際フィルムを落としてしまうことがありません。(←私、よく落とすので…)地味に便利です♪)

フィルムに描かれた通りにメイクすれば良いので、

メイク初心者でもテク要らず、旬の目元に仕上げることができます。


Image title

↑フィルムに描かれた通りにメイクした目元(アイライナーは別)

アイホール(まぶた)にのせた②ミディアムカラーは透け感があって自然にくすみを目立たなくしてくれる色。伏し目にした時分かるのですが、ツヤっと光でまぶたを立体的に見せてくれます。


そしてこのパレットの目力アップ キーカラーとなるのが・・・


⑤ニュアンスカラー。(マニュアルでは下まぶた目尻1/3程度に入れるのですが、私は目頭に向かってさらに幅広に入れています。)

Image title

旬の赤みがかったブロンズブラウンで、目の縦幅をアップ、黒目を際立たせるとともに、アイシャドウに含まれる繊細なラメの輝きが、うるっとした瞳に…色っぽい印象をプラスしてくれます。


また、目尻のアイラインの上に重ねるように入れてラインをぼかす(自然になじませる) 、④なじみシャドウ。

Image title

実際の目尻から5〜10㎜程度、アイラインとともにオーバー気味に入れることで、目の横幅アップ




さらに  より目力アップメイクテクを加えるならば・・・


④⑤カラーは、「黒目の外側」部分を濃いめに。

(メイクアップアーティスト吉川康雄さんの著書「生まれつき美人に見せる」にあった目を大きく見せるメイクテクです!)

Image title

↑目の上・下のピンクマーカーで印を付けたあたり「黒目の外側」をアイシャドウを重ねて、ほんの少し濃く入れます。




ちなみにこのパレットの残念な点が、③目尻ライナーカラーが私にとっては扱いにくいこと。手持ちのリキッドアイライナー(↓インテグレート「キャットルックリキッドライナー」ブラウン)を代用してます。

Image title

また、アイシャドウを塗る前の下準備として、ツヤ・モチアップのためアイシャドウベース(シャネル「イリュージョンドンブル ヴェルヴェット 98」)を使っています。

実はこのアイメイクアイテムの組み合わせは、前記事→いつものアイメイクに上質なツヤと輝きをプラス。シャネル「イリュージョン ドンブル ヴェルヴェット」でも取り上げているのですが(汗)、今回はアイシャドウのほうをピックアップしています。




さらに、目力アップの秘訣はまつげ!

マスカラメイクの新常識次ページに続きます!≫≫


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN