いつものアイメイクに“煌めき”トッピング! M・A・C「ダズルシャドウ」で瞬きするたび魅了する目元に…。

メイクアップ
いいね! 6件

目が眩むほど煌めくアイシャドウM・A・Cダズルシャドウ」をいつものアイメイクにプラス♪ 瞬きするたび魅了する目元に…。


Image title


Image title

M・A・C / ダズルシャドウ

2,900円(税抜)数量限定

(↑左)ラストダンス
(↑右)スロー/ファスト/スロー


昨年夏に限定発売、即完売した大人気アイシャドウ。先月半ば再販されました。今回1年間の期間限定販売だそうです。

全10色のうち、使い勝手が良さそうな2色をゲット。


アイシャドウに含まれるたっぷりの微細ラメと偏光パールが強い光を放ちます。

国産には無さそうな… メイクアップブランドM・A・Cでしか見つけられなさそうな輝き。


Image title

(↑左)スロー/ファスト/スロー(赤みを感じるブロンズベースにピンクゴールドラメ入り。)

(↑右)ラストダンス(ピーチベージュベースに(シルバーっぽく見えますが)スロー/ファスト/スローと同じくピンクゴールドラメ入り。)


クリームとパウダーが一体化したような しっとりしたテクスチャー。ですが、ラメをまぶたにとどめておくほどの密着力はない気が…。

よってラメ飛び防止にアイベース必須。(私はキャンメイクのアイベースを使っています。)

ベースを使えば、時間とともに塗った当初の範囲からラメが若干広がってしまうものの、目の下や頬まで飛び散ることはありません。


((↑)写真は色が分かるように かなり塗り重ねているので、そこそこ発色していますが、)色はあまりつかず、透明感の高い仕上がり。

特にブランズのスロー/ファスト/スローは、キワ色に使おうかな〜とも思っていたのですが、意外にも陰影をつける程度の発色で、まぶた目尻側にピンポイント使いしています。(→私の使い方、詳細は次ページにて!)


カウンターでBAさんがアイホール全体に使ってもOKと言われたのですが、

とにかくラメラメ キラキラなので、私の場合どちらも もっぱら部分使い。

いつものアイメイクの仕上げにプラス、「輝きトッピングアイシャドウ」として使っています。



次ページに続きます!≫≫

「ダズルシャドウ」を使って、伏し目になったときや、瞬きしたときにキラっと「さりげなく」きらめく目元、作ってみました。



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN