光の効果で肌にハリ&ツヤ! スック「ライティング リキッド」

メイクアップ
いいね! 1件

買い逃すと絶対後悔しそう〜と、やっぱり買っちゃいました、。

スックの限定品「ライティングリキッド」。


Image title

スック ライティング リキッド (フェイスカラー)【限定品】

SPF25 PA++

25ml 6,000円(税抜)


前回マキアイベントのスックのブースで紹介されていた商品なので、チェック済みの方も多いはず。

肌の内側からにじみ出るようなツヤ感を演出するリキッド状フェイスカラー(ハイライト)。気になるシワやくすみ、色ムラを光の効果でぼかしてくれます。

ハイライトカラーとして化粧下地の後、ファンデーションを塗る前に使用。(ファンデの上から使うことも可能。)また手持ちの化粧下地に少量混ぜて、顔全体に使うこともできます。


正直マキアイベント後すぐは、そこまで惹かれなかったのですが、イベントとその後カウンターでいただいたサンプル2包を使い続けるうちに良さを実感、欲しくなりました〜。(サンプルは、私の場合部分使い、1回片頬米粒くらいの使用量で十分だったので、1包7日分くらい使えてました。)


汗ばむ季節の今、ファンデはパウダリーばかり使っている私。さらに日中のお化粧直しでもベタつきを抑えるためパウダーを使い、粉モノを塗り重ねてしまっているのですが、

のっぺり マットな肌に陥らないのは、朝メイク時にコレで肌ツヤを仕込んでいるおかげかなと思ってます。。



Image title


ほんのりピンク色をしたリキッド状。
のびが良く、極薄にのばして、または塗り重ねて・・・光感 調整可能。


Image title

↑こんな極薄にも のばすことができるので、化粧下地に混ぜて全顔にも使えます。(部分使いするときは、塗り重ねてもっと発光させますが…。)


この上からファンデを重ねると、ライティング リキッド塗ってるか分からない?!状態なのですが、ベースを仕上げて少し時間が経った頃、ファンデが肌に密着、馴染んできたときに、ふんわり やわらかなツヤが出現します。


ハイライトとしては一見頼りなく、物足りなくも見えてしまう発光感ですが、私としては肌本来が持つツヤを再現、これくらいのツヤ感レベルがちょうど良く、気に入っています。(ギラギラしない、大人なツヤ感!)


Image title

化粧下地の後、ファンデーションを塗る前に、ゴーグルゾーン(目の下、頬上部)、眉下、鼻筋、あご先に塗っています。


Image title

このふんわり絶妙な光感が、肌ツヤとともにハリ感を演出、顔立ちにメリハリを与えてくれる気がします♪






ちなみに手持ちのリキッド状ハイライトといえば・・・

似ているアイテムとしてポール&ジョー「イルミネイティング タッチ ペン 03」(←こちらは筆ペンタイプ)

気になったので、比較してみました。


Image title

Image title

↑写真 左:ポール&ジョー「イルミネイティング タッチ ペン 03」、右:スック 「ライティング リキッド」

それぞれ少量をのばしてみると、スックには光沢感がありつつ、ほんのりカバー力があるのが分かります。ポール&ジョー(以下→P&J)はカバー力はほとんどなく、光沢感のみ。

目の下のクマ等、色ムラをカバーしつつ、光感を与えてくれるのは、スック!

(写真、分かりづらいのですが)オーロラパールが効いて光沢感、輝きが強いのはP&J。(筆ペンタイプということもあり)顔の高い位置にピンポイントで使うならP&J。




ところで

スックは、来月9月4日に秋冬ベースメイクアイテム新商品が発売されるので、それらと入れ替えで「ライティング リキッド」は販売終了となるそう。(でもBAさんいわく、9月末くらいまでは置いてる予定らしいのですが・・・とにかく無くなり次第終了とのことです。)私のようにやっぱり、欲しい!という方、ご興味ある方、お急ぎください〜





【instagram やってます★よろしければフォローお願いいたします(^^)/】

https://instagram.com/aconeko/



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN