情報氾濫時代、スキンケアの落とし穴「一番良くないのは〇〇〇〇。」7年間美容の取材をして気がついた!

スキンケア
いいね! 12件

情報があふれていて、口コミや広告や様々な情報がツイッターからも雑誌からも流れてきて私達は日々選択を迫られます。 人それぞれ住む場所も環境も肌質も違いますからどれが良いとは言い切れません。

沢山のものを試すには費用もお金もかかったりで全てを試すこともできません。

「もう何が良くて何が良くないのかとにかく分からな〜い!」という方へ。

大きな声で言えることがあります。

それは、「 やらなさすぎもよくないけれど、やり過ぎる方がもっと肌には良くない。」

そう、タイトルのクイズの正解は「一番良くないのはやり過ぎ。」

美容が好きな私の周りにはたくさんの美容好きがいます。

詳しい人ほど、正確な情報を知り身をもって経験をしている人ほど、やり過ぎていません。

私の周りの肌がきれいな人ほど、

アイテムを使いすぎない。

エステやピーリングなど肌刺激があるサロンへ通い過ぎない。

パックをやり過ぎない。(朝晩必ず、毎日とか)


情報は足し算足し算でどんどん増えて行くのですけれど、引き算も大切で情報は入れすぎても頭が疲れますし、肌もつけすぎて様々な物質に浸し過ぎますと輝きを失い、薬品かぶれをしたような赤みを帯びた肌になっていきます。

上乗せ美容ばかりでなく引き算美容もしてみてくださいね。

肌の調子が悪いなと思ったら使う物を減らして見て下さい。

肌が「それ、欲しくないよ〜 ><」と言う肌の声を聞けることも大事なスキンケアです!

シンプルで厳選された肌に合った物と方法で美肌をキープしたいですね。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN