18種の悩みをピンポイントで解決する美容液「Odacité(オダシテ)」肌に何が欲しい?潤いorツヤor透明感orハリ?なりたい肌に応じて季節ごとに年代ごとに使いたい!

スキンケア
いいね! 4件

1アイテム取りいれるだけなのにとても頼もしい美容液をご紹介します。「Odacité(オダシテ)」伊勢丹で見かけたことがあるかたもいらっしゃるかと。創始者のバレリーさんのスピーチを伺って感じた事。「熱意のある女性が自分が使いたいと思い作ったコスメティクスはすごいパワーがある。」

Image title初めてこのブランドの名を聞いた方へブランドをご紹介しますね。(プレスリリースよりご紹介させていただきます。)

「Odacité(オダシテ)」のはじまりは、ショッキングな体験から。それは、2004年、フランス生まれのバレリー・グランデュリーに、乳がんが見つかったこと。そのとき、バレリーは、病気を治すためには自分の環境を“解毒”して、生活を立て直す必要があると強く感じました。バレリーは、勤めていたフランスの法律事務所を辞め、カリフォル二ア州にある美しい町・トパンガキャ二オンに移り住み、学校に通い、健康保健の二ーチとなりました。しかし、それまで使用していた化粧品の成分も見直すようになったものの、なかなか理想のものに出合えませんでした。そこで、バレリーが考えたこと。それは、肌にとって、体にとって最高の原料を求めて、世界中を旅すること。毒のない生活への強い情熱を胸に、バレリーはこれまでに体験したことのない世界に足を踏み入れることになりました。純度の高い類まれなる有効成分求めて、バレリーはオーガ二ックスキンケアの開発に着手し、自ら植物オイルの調合をはじめたのです。そして、2009年、新たなステージを迎えました。独自にブレンドしたオイルがまたたくまに話題となり、ロマン・ゲイラードをビジネスパートナーに迎え入れ、「オダシテ」が誕生したのです。オダシテとは、フランス語で「大胆」の意味。バレリーのステージごとの大胆な決断が世界を巻き込み、今日では力リフォルニアの研究所から、18種類のオイルセラムが、30か国の人々とブティックに輸出されるまでになりました。

さあ!製品を紹介致しましょう。18種類もある中で気になったオイルは、Car(ワイルドキャロット)輝くハリ肌対策です。

天然のノラニンジン種子油(保湿成分)配合で輝くようなツヤ肌へと導きます。年齢に応じたケア。ニンジン(ノラニンジン)種子油 (フランス産)コールドプレス・一番搾り

Image title

にんじんというだけあってこの鮮やかな色!緑黄色野菜を連想しますね!効きそう〜〜この色テンションがあがりますね。

Image title

2つめにご紹介するのはPa + G(パパイヤ ゼラニウム)透明感のあるツヤ肌対策です。透明感のあるツヤ肌へと導くオイル。クリアな肌印象へ。コールドプレス・一番搾り無農薬パパイヤ種子油 (エクアドル産)ゼラニウム油 (エジプト産)

Image title

伸びやすく滑らかでべたつかない美容液です。

Image title

朝のメイク前に使ってもファンデーションがずるっとヨレる感なく少量使うだけで肌につやを仕込めますよ。ボトルは黒いので品質保持の為に遮光性があっていいですね。

Image title

2.3滴とありますが1.2滴でも充分伸びます。単独使いも良いし、既に使っているお気に入り乳液やクリームに混ぜて使うのもOK。混ぜて使う時は「今日のお肌に何を加えようかな?!」とわくわくします。数種類常備したいな。自分の肌の求めているものをピンポイントで使うという考え大賛成です。ただ漠然と何でもいいから塗っておこうではなく肌を見つめ肌に必要なものをチャージしたい。

Image title

HPに18種類、何対策が出来るかが詳しく紹介されているのですが肌に全部欲しい効能のものばかり。敏感肌用も皮脂肌対策もありますし季節ごとに年代ごとにずっと寄り添いたい美容液です。さすが、創始者さんがユーザーとの対話で創りだしたブランドさんだなと敬服。


http://odacite.jp

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN