超乾燥地帯のモンゴルで大ブレイクの日本製スキンケア「さくらの滴」は保湿美容水。たった1本で潤いを補給、乳液をつけたような保湿感が人気なワケ。

スキンケア
いいね! 2件

桜の開花宣言が出て咲き誇る時期が待ち遠しい季節となりましたね。そんな季節にぴったりのスキンケアをご紹介します。化粧水でも美容液でもない、たった1本で潤いを補給、美容液のように美容成分を補い、乳液をつけたような保湿感が体感できる「さくらの滴 保湿美容水」

一本でOKという潤いの秘密はリピジュア®うるおい成分と4つのスキンケア成分 サトザクラ花エキスモモ葉エキスアロエベラ液汁ハス胚芽エキス。美容液もつけたようなしっとり感のリッチな仕上りの無香料の化粧水です。とろみ化粧水ではないですが使った後しっかり保湿感があります。みずみずしい使い心地でしっとりもちっとしたあと味が日本人好みですよね。 パシャパシャつけてかなりしっとり。一本で化粧下地からつけましたが突っ張り感もありませんでした。これからの季節はUV対策で日やけ止めや下地+ファンデーションと重ねて塗りたいアイテムが増えるのでベースのスキンケアアイテムが減るのは化粧崩れ対策=ヨレ防止にいいなと思いました。


びっくりしたのはこの製品は超乾燥地帯のモンゴルでも大ヒットし続けているということ。

Image title

(画像はフリー画像サイトから頂きました。by:The Wandering Angel

超乾燥地の海外で評価されている日本製スキンケアがあると聞いて使いたいと思ったのが私が使ったきっかけです。あの乾いた砂漠のような気候地帯で人気があるということは実力派である証明ですよね、頼もしい!モンゴルでは相当数の販売実績、リピータも多いとのこと。リピジュア®はもともと、やけどや皮膚炎などの治療のために医療用として開発されたもので、特徴である高い保湿力と抜群のバリア機能でアトピーの治療にも効果が期待できると考えられていて、ヒアルロン酸の約二倍の吸収・保湿効果。

Image title

2/13に発売になった洗顔フォームは感触に特徴がありました。チューブから出てくるタイプは絞るようなかたい感じの洗顔料が多いですがこちらはこのように既に出した時に泡感を感じるようなホイップされたようなまろやかな洗顔フォームで顔にのばしているときとても心地良いです。柔らかい洗顔フォームで肌を洗いすぎてキュキュットした感じではなく、この次に続く保湿美容水と使う事でしっとり仕上る組み合わせでベストマッチ。

Image title

手にするだけで幸せ感があるピンク色のボトルでスキンケア、洗面台にあるだけで桜がそこにあるような可憐な感じがします。

海外の方には MADE IN JAPANて信頼されているんだなと思います、超乾燥地帯で売れているとは誇らしいですね。


公式サイト

http://www.sakurabiken.co.jp

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN