メイクの救世主、大好きな練りハイライト。ハリとツヤはこの練りハイライトで仕込む。ヨレないし浮かないし、メイクにピタッとフィットする「クリーミーフラッシュ」(練りハイライト)

メイクアップ
いいね! 13件

夕方鏡を見て 地下鉄の扉ガラスに写る自分に「ひ〜〜〜!!!」と悲鳴をあげたくなるようなくすみ顔が増える年末となりました。こんな季節に大大大お勧め&大活躍のメイクアイテムをご紹介します。

私が大信頼をして一番今年使った下地専門ブランドのメイクアイテムならば間違いなさそうと使ってみたらその通り。大絶賛中、かなり周囲に勧めているよいアイテムなのでこちらでもご紹介します。

(以前の下地を紹介の時の記事です。)

https://maquia.hpplus.jp/model_editor/account/shino_maquia/makeup/GIIReSQ

「クリーミーフラッシュ」(練りハイライト)

日本のブランドが作っている日本人にぴったり合う色合いのピンクゴールド。

Image title

薄づきでこんなにハリ、ツヤ、透明感が出るんだと感動します。

つまりコンシーラーよりも、ヨレ・浮きがなくカバー効果を発揮して、グリッターのようないかにもつけましたギラギラ感がなしで品のある輝きを放ち、光の反射の技術で従来のハイライトよりも自然なメリハリを演出してくれるわけです。

下のこの写真の指先を見て頂いて伝わりますよね、この薄づき感。お陰でヨレません、浮きません。

固形のクリームが指で伸ばすとパウダーかするのです。メイクにピタッとフィットします。この薄くつく幹事が絶妙で付ける度に感動しています。沢山使わなくても輝きを注入できるので減りが早くないので

これはコスパ良し!!と愛用中です。

Image title

使い方はこう、簡単。メイクアップの最後に、光を補うように指でのせて使います。

パウダーの上からも使えます、違和感ありません。ブランドサイトでは、

唇の山の上・口角→上向き印象に
目の下・涙袋→くすみを一掃
頬骨・鼻筋→スッと立体的に
と、紹介されていますが私がもう1箇所つけるところは、鼻筋の上三分の一くらいに縦にもつけます。私は顔が平たい族なので立体的な印象になり嬉しいですし何よりもありがたいのはテクニックなしでくすんだ顔がパーっと明るくなるところ。

腕の右側につけています。さっとひと塗り。

Image title

お分かりになりますか、このピンクの部分に練りハイライトがついています。

つけたところが途端に光りを浴びたような肌になります。ツヤ感、ハリ感、生き生きと見えるのです。

Image title

毎日持ち歩いています。手放せません。コンシーラーでお化粧直しより この練りハイライトを塗ってハリとツヤ、輝きを再投入の方が肌も気分も明るくて好き。あ!そうそう横顔もいい感じになりますよ!私の一押しお勧めメイクアイテムです。


公式

https://store.nudymore.jp/products/detail.php?product_id=282

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN