人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

テクスチャー別に選ぶ!おすすめの人気ハイライト10【パウダー・スティック・クリーム・ジェル】

メイクアップ

テクなしで立体小顔に!テクスチャー別おすすめハイライト

コントゥアリングメイク」や「忘れ鼻メイク」など、立体感を演出するのに欠かせないのがハイライト。Tゾーンや目の下の逆三角ゾーンに使うだけでなく、頬骨や顎先、口角などポイント使いも増え、ますます人気が高まっています。一方で、「メイクがわざとらしく見えてしまう…」というお悩みが多いのも事実。そこで、さりげなく仕上がるなじみ系パウダーから、手軽なスティックタイプまで、編集部おすすめのハイライトを一挙にご紹介します。

Image title


パウダータイプのハイライト5選

1. NARS JAPAN ハイライティングパウダー 5220

Image title


¥4500

優美な輝きを放つピンクベージュ。


2. M・A・Cミネラライズ スキンフィニッシュ

M・A・Cミネラライズ スキンフィニッシュ

¥4200

磨き上げたような自然なツヤを叶える、多色ハイライト。シャンパンベージュに発色し、どんな肌色にも馴染むベストセラー。


3. パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン ミネラル ヌード グロウ パウダー 01

パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン ミネラル ヌード グロウ パウダー 01

¥5500

コーラルニュアンスで肌なじみとヘルシー感を両立。


4. ビーエー カラーズ コントラストイルミネーター

ビーエー カラーズ コントラストイルミネーター

¥4500

1パレットで、太陽光のような自然な「光」と「影」を演出。肌にふんわりなじみ上品な立体感を与え、引き締まった顔立ちに整える。


5. セザンヌ パールグロウ ハイライト 01

セザンヌ パールグロウ ハイライト 01

¥600

高輝度のパールがぎっしりと肌を覆い、濡れたようなツヤ肌に。数種類の美容液成分を配合し、気になる乾燥から肌を守る効果も。


クリーム&ジェルタイプのハイライト5選

6. イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ シマー スティック

イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ シマー スティック

全3色 各¥6000

ハイライトのほか、チークやリップ、ボディなど、輝きを与えたい部分に使用可能。ワンストロークで、圧倒的な輝きをまとえる。


7. クラランス グロー2ゴー デュオコントアスティック

クラランス グロー2ゴー デュオコントアスティック

4.5g×2 全2色 各¥3800

01はハイライトとリップ&チーク、02はシェーディングとチーク&ハイライターという設計。理想的な立体肌が1本で完成!


8. THREE シマリング グロー デュオ 01

THREEシマリング グロー デュオ 01

¥4500

濃淡の違う2色で、立体ツヤ顔に。ハイライトと血色カラーで小顔効果大! 湿度を感じさせる色っぽいツヤ肌に。


9. RMK グロー スティック

RMK グロー スティック

全2色 各¥2000

パウダーの上から使え、ほんのりピンクが自然に肌になじむ。メイクの仕上げに光をまとう。


10. キャンメイク グロウヴェール ハイライター

キャンメイク グロウヴェール ハイライター

全2色 各¥550

大小のラメが輝き、光のヴェールをまとったような濡れツヤ肌を実現。汗や皮脂にも強く、ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり。


失敗しないハイライトの選び方3つのポイント

ハイライトの選び方

1. 白はNO!肌に馴染むベージュを
黄みがある日本人の肌は、白をのせるとグレーに発色してくすんで見えるので×。自然な明るさを目指すなら、肌に溶け込むベージュトーンを。

2. 粒子の細かいパールで目的を悟らせない
塗っているとわからないくらい自然にツヤをなじませることが、上品に仕上げるコツ。主張が強い粗めのパールは避け、輝きが繊細なものを選んで。

3. チークを使うのもあり!
ピンクパール系のチークやフェイスパウダーをハイライト代わりに使うテクも有効。血色がプラスされ、一日中くすみ知らずの健康的な立体顔に。


ハイライトを使いこなしてさらに美しい仕上がりに!

さまざまなタイプがあり、どれを選んだらいいか迷ってしまいそうなときは、「ベースメイクに合わせる」のが正解。パウダーファンデーション&お粉仕上げ派はパウダータイプ、リキッド&クリームファンデーション派は練り&スティックタイプと相性がいいでしょう。どちらも、ごく少量で仕上げるのがポイントですよ。

また、ハイライトはシェーディングに比べて、塗り方が難しくないのもうれしいところ。顔の中心に光を集めるイメージでのせていきましょう。

ハイライトを使いこなせば、立体感アップだけでなく小顔効果もあり、さらに顔色も明るく見えると一石三鳥です。まだ使ったことがない人も、ぜひトライしてみて。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN