mami塾【美肌の1番の近道は〇〇でした!】

スキンケア
いいね! 0件

こんにちは!マキアエキスパートのmamiです



あっという間に春コスメのオンパレードで毎日が楽しいですね

私もこのMAQUIA onlineで皆さんの春コスメクリップを見てウキウキしています✨



さて、メイク同様スキンケアも見直しが必要な季節です。

カウンターに寄ったついでに是非肌診断をお勧めします。

というのも、季節の変わり目やコスメを変えた時に必ず聞くのが”肌荒れ”。(ここではニキビを指します)


普段できないところにニキビができた!

ニキビが治り切る前にまたできてしまう… 


など、私の元にもニキビのお悩みが結構来るのです。


今日のmami塾は久々のスキンケア編。

【スキンケアから”ニキビ”を限りなく防ぐ方法】をご紹介しますね


年末の忙しさを理由にニキビができてしまったーっ


1:ニキビの原因って?

まず、ニキビのメカニズムについて簡単に説明すると

①毛穴に余分な皮脂や汚れが溜まり

②ニキビの原因となるアクネ菌がこの汚れにくっつきできたもの

をニキビと言います。

②のアクネ菌というのはみんなが常に持っているものなのでこのアクネ菌が悪い というわけではなく、

どちらかというと①の毛穴に余分な皮脂や汚れが溜まる ことに問題があります。

ちなみに生理前のホルモンバランスの崩れやストレスなんかの内的要因でできるニキビも

それらが原因として余分な皮脂が出てしまうので、肌表面で起こっていることとしては同じと捉えてください。


2:余分な皮脂?

まず余分な皮脂とは何か。これは皮脂分泌が過剰なオイリー肌

逆に乾燥して肌から過剰に油分が出てしまうインナードライ肌に共通することです。

みなさんなんとなく、油ギッシュだとニキビができる!と分かっているとは思うんですが、逆に油分の取りすぎにも注意。

自分が実は乾燥肌かもしれないのに皮脂を抑えるスキンケアを使っていたら肌は油分を出す一方ですね。

一体何肌なのか知ることは大切です。


3:汚れって、ちゃんと洗顔してますけど?

だいたいの人が口を揃えて言うのが「ちゃんと朝晩洗顔してます!」 でも、正しい洗顔できていますか?

泡洗顔、クリーム洗顔どちらにも言えることは皮膚が動かないくらい優しい力で洗うこと

これが毛穴を歪ませずスルンと汚れをオフできる1番の近道です。

そして、人肌程度のぬるま湯であること。冷水が良いなど諸説ありますが、冷たいと油は固まって取れなくなるわよ?

まずは汚い油をきちんとオフ。そして適切なスキンケアで油分水分を入れてあげれば良いのです。

その日の汚れはその日のうちに!


4:クレンジングを見直しましょう

恐らくカウンターのBAさんに一度は言われたことがあると思いますが、

クレンジングには必ずクリームかミルクをご用意いただきたいです。

正直、クレンジングを見直すだけで美肌度は本当に変わります!

私はアイメイクがっつり(インサイドもしっかり)なので、一旦オイルクレンジングでササっと

落としてからクレンジングクリームを使用しています。

乾燥が気になる季節・肌質の方はクリームタイプを

ゲランのクレンジングクリーム、コスメデコルテのセルジェニークレンジングクリーム

美容家の中でも愛用者がとっても多い納得の一品。スキンケア効果が高く、肌の保水力をあげてくれます。

夏場の使用やさっぱり感がお好きな方はミルクタイプをお勧めします。

こちらはクラランスのクレンジングミルクがお気に入りです。ラグジュアリーな香りに毎回うっとり✨

敏感肌の方にはオラクルのメイクアップエリミナーがお勧め!既にできてしまったニキビにも優しくケアができます。

生理前からこちらを使うようにしています。


5:パーツに合った洗い方をする

油分が残りやすいので気をつけて!

皮脂分泌が多いTゾーンと、洗い残しが多い生え際フェイスラインは念入りに。

私もまずここからクリームで洗ってます。


乾燥しやすいところは特に優しく!

逆に目元・口元は乾燥しやすいので洗いすぎに注意です。

私は目元・口元はクレンジングの1番最後に軽く滑らせて洗い流しています。



いかがでしょうか?

美肌の極意は実はとっても簡単で「洗浄」「保湿」なんです。

今回は特に”ニキビ”に関係の深い「洗浄」についてご紹介しました。

美肌の1番の近道は、正しいクレンジング

春コスメを覗きに行くついでに、ぜひクレンジングもチェックしてみてくださいね。



※2015年1月13日にリリースされた記事です

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN