mami塾【入れる場所が大事!美人チークのコツ教えます!】

メイクアップ
いいね! 0件

こんにちは!マキアエキスパートmamiです



人気コスメブランドのCMでも、美人の印象はココで決まる!と言われているチーク

ここ数年でクリームチークやリキッドチークを使いこなせる人が増えて、世のチーク偏差値は上がっております。



一方で永遠の悩みともいえるのが

「で、一体チークはどこに入れるのが正解なの?」というもの。


はい!mami先生の出番というわけですね!

【入れる場所でこんなに違う!チークの入れ方入門編】

でございます。早速いきましょう!




■:基本の位置は、笑った時に1番出っ張るところ

黒目の外側を垂直に下りていき、小鼻の高さとクロスするいわゆる

「笑った時に盛り上がるところ」が基本的なチークの位置になります



■:上過ぎ、下過ぎチークはこんなメリット・デメリットも

(1)上過ぎ(写真上)チーク

少し前に流行った上めチーク。やや上に目線を持ってくることでリフトアップの視覚効果がありますが、

頬が膨張して目元が小さく見えてしまうというデメリットが。


(2)下過ぎ(写真下)チーク

逆に下めチークはあどけない印象をもたらしますが、目から下が長く見えてしまうので小顔には程遠い面長状態に。

また目線が下にいくので下膨れ・たるんだ顔に見えてしまいます。



■:横顔も意識

チークの位置を確認する時は鏡に向かって正面に座りますが、斜めの顔も確認しましょう。

頬だけチークのオカメインコ顔は今すぐやめて!チークは耳まで自然に流れているのがベスト

これは意外と簡単で、ブラシをそのまま頬から耳まで動かします。これを一定方向数回繰り返すと横顔美人に。



■:ハイライト・チーク・シェーディングが満遍なくのっている肌が理想

チークが綺麗に映える隠しワザとしては、

「ハイライトとシェーディングをきちんと入れる」ということ。

メリハリを作ることで立体感のあるチークが簡単に出来上がります。

これにはもう一つの嬉しいポイントがあり、ハイライト→チーク→シェーディングで

ファンデーションのみの部分をなくすことにより、顔効果が得られます。



いかがでしたでしょうか?

クリームチークでもリキッドチークでも基の入れる場所は同じです。

基本の場所をマスターして、手持ちのチークで美人を手に入れちゃいましょう!


「面長が悩みなんだけど…」

「顔をシャープに見せたい!」などのご要望がありましたら是非コメントをおよせくださいませ

【mami塾チーク応用編】で、できるだけお答えしていきたいと思います



※2015年2月9日にリリースされた記事です。


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN