旅行で気をつけるビューティ【リラックス編】

ボディ

みなさまこんにちは!マキアエキスパートのmamiです



さて、ちょっと飽きてきた方もいるかな?と不安な「mami、イギリスへ行く」シリーズ。

食事・スキンケアときて今回はリラックス編です。



移動距離が長ければ長いほど体はストレスを感じます。

ましてや時差があり、空気や水が違うヨーロッパでは気付かぬうちに心身お疲れモードに…。


そこで今回私が連れて行ったリラックス促進アイテムをご紹介します?



①ローラメルシェのバーベナ

左から;ジェルボディモイスチャー・オードトワレ・クリームボディクレンザー

(伊勢丹新宿店・銀座三越・うめだ阪急での限定発売)


ローラメルシェのボディシリーズは以前から大好きですが、8月27日に発売された

(リンク→)バーベナシリーズ

がもう最っ高に良い香り!!

バーベナの青臭いイメージを良い意味で裏切り、こちらはラストノートにホワイトアンバーやウッディ系

が入っているのでしっとりした色香を残してくれます。保湿力も高いので一石二鳥。

さぁ、一緒に行こう!


旅先でのリラックスに香りは必須ですね



②ルームシューズ

お部屋でのリラックス効果を高めてくれたのがこちら。(リンク→)アンスティテュクラランスでいただいたルームシューズ。

機内ではスリッパが常備されていたので、ホテルについて初めてOPEN。

履いた瞬間にラグジュアリーに包まれ、5つ星ホテルにいるかと錯覚しました

脱ぐと普通のビジネスタイプのホテルに戻るので脱げない。ある意味緊張感のある一品です。




③バスソルト

やっぱ日本人だもの。バスタブにお湯を溜めて、先輩から頂いた「さよならネガティブ」という含みを持たせたバスソルトを入れてリラックス!

体温が1度上がると細胞が活性化されて疲労回復・ムクミ減少・ストレス物質減少など良いことずくし!

文字通りネガティブなものはなくなりましたが、もう少しうっとり感が欲しい方にお勧めなのはこちら

イギリスのリーズという街でみつけたソープ屋さん。

(リンク→)the yorkshire soap

ショーケースに並ぶケーキは実はドライフラワーを乗せた石鹸なのです。

トリュフのようなバスソルトもたくさん置いてあるので、イギリスに来られた際には是非立ち寄ってください。

もう、店内に入るだけでうっとりします!超お勧めです!



他にも、お風呂で本を読む・ペディキュアを塗り直す・部屋にフレグランスをスプレーする…など、

滞在期間がそこそこあるのでなんとかリラックスできる空間を心がけました。

しかし一番リラックスできたのは、近所のマートで買ってきたスナック菓子やフルーツなどをベッドに広げ、

行儀悪く寝っ転がりながら食べること。

誰にも怒られない!これぞ最高のリラックス!ひゃっほーい!




今回はここまで!




※2014年9月17日にリリースされた記事です

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN