アベンヌセミナーで学ぶ【健康肌】のためのキーワードと対処法。

スキンケア
いいね! 7件

先月のマキアビューティオフ会で受けたアベンヌのセミナー。


Image title

Image title



アベンヌって万能で思っていたよりスゴイ!

まさに今の私に必要な情報だらけな1時間で、あっという間にセミナー終了でした。



この3つの単語が健康肌へのキーワード!


☑ミネラル
☑土台
☑乾燥対策


Image title



アベンヌは南仏のアベンヌ村に湧く温泉水がメイン成分で、約5億年前の地層に50年かけてゆっくりろ過される中で人工的に再現不可能な

カルシウム:マグネシウム = 2:1

黄金バランスの「天然ミネラル」が溶け込んだ深層ミネラル温泉水。



「ミネラル」をググってもらえばすぐわかるように「五大栄養素」のひとつで健康にも美肌にも必要な成分。

必要量は微量ですが体に大きな影響を及ぼします。



大切なのはたくさん摂ることではなく、バランスよく摂ること。

カルシウムやマグネシウムをはじめとしたミネラルは体内で生成できないからスキンケアや食事で摂るのが大切。

それが天然のものからならばなおよし!



皮膚のミネラルは皮膚から摂るのがよい。

という考えから天然温泉水の自然の力と皮膚科学を融合し生まれたのがアベンヌなわけです。

(即効性の問題なのでもちろん食事からも摂ってくださいね)


Image title



美容は健康の上に成り立ちます。

肌も同じで“土台”の上に“美肌”が初めて成り立ちます。

ベースが出来ていない肌にいくら美容成分を与えても無意味、ってことですね。

その土台づくりに大きな影響を与える成分のひとつが「ミネラル」だから必要不可欠!



土台がしっかりしているということは、“水分をつくる&蓄える力がある”ということ。

潤いがバリアになり外的刺激からも肌を自らが守れるということが安定した美肌への近道になります。

ゆらぎや肌のザワザワ対策にもね。



日本には四季がありそれぞれの気候に肌悩みがついてまわりますよね。

春&秋→花粉

夏→紫外線、汗

冬→乾燥



花粉や乾燥、紫外線(光老化は肌老化の8割なので日焼け止めは絶対塗って!)はもう実感している人は多いと思うので説明は割愛しますが、これからの季節で意外とやっかいなのが汗ですね。

汗って意外と肌ダメージがすごいんです!

ミネラル不足になるし、拭うときに肌バリアをとってしまったり。

(拭うときはおさえるようにね!)



四季のそれぞれの悩みは土台がしっかりしていたらどれも解消もしくは軽減できるので、リカバーしてくれる天然ミネラルがバランスよく入っているアベンヌは年中肌への強い味方になってくれますよ。


Image title



日本で温泉は癒しなイメージですが、仏ではイコール“治療”

「温泉療養学科」も学校にあるのだとか。

そんな文化の中で“温泉と認められる”ということは“治療ができる”ということと同じ大きな意味を持ちます。

アベンヌはもちろん認められていてその証がボトルにも。

「EAU THERMALE」

この表記、仏では温泉水と認められたものにだけ許される栄えあるものだそう。


Image title



土台をどうキープするかも大切!

重要なのは続けることと異変を感じたらすぐ対応!

地味ですが最後はここに行きつきます。

美は1日にして成らずですね~



アベンヌの中でも「アベンヌ ウオーター」は天然温泉水を源泉から100%ボトリングしているので看板商品!

しかも天然だから生後3ヵ月の赤ちゃんでも使えるそう。

スプレータイプだから気になる時にシューッとね。



ボトルは振らずにそのままスプレー。

このように上に向けてスプレーし、降ってきたものを浴びます。

お化粧している時にも化粧崩れしにくい浴び方よね。


Image title



1日1,000個売れる人気のジェルでリクエストの多かったラージサイズを3月21日に発売したばかりの「ミルキージェル」も合わせて紹介がありました。

いわゆるオールインワンで化粧水と乳液がひとつになったもの。


Image title




アベンヌの天然温泉水と植物由来成分が、肌を整え潤し、透明感をキープ。

皮脂コントロールしてくれる成分も配合なので汗や乾燥対策にも◎ですね。

みずみずしいテクスチャーです♡


Image title



花粉で揺らいだり、汗でざわついたり、乾燥でカッサカサになったり、季節に振り回されっぱなしの肌ですが、大切なのは日々の対策と事後の迅速な対応。

肌は乾燥になれてしまう

と恐ろしいことがセミナーでも言われていましたが、慣れたくない((+_+))!

美肌への土台づくり、日々しっかりしていきたいです。


Image title



Avene(アベンヌ)



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN