細胞レベルでスキンケアしてる?アスタリフトの新シリーズで根本エイジングケア!

スキンケア
いいね! 1件

私も発売当初から愛用しているアスタリフトが、ついに10周年。

その節目の2017年9月1日に発売された美容液がこちら!

Image title

アスタリフト イン-フォーカス セルアクティブ セラム 30g 12000円(抜)


新スキンケアシリーズ「アスタリフト イン-フォーカス」の第一弾アイテムです!

肌の自ら美しくなろうとする力にフォーカスし、新しい細胞を生み出す「幹細胞」の働きに着目したシリーズ。


幹細胞」コスメの魅力は、肌本来の力を再生してくれること。

肌に足りない成分を送り込むタイプのコスメと違い、根本的に肌質を改善してくれるのが特徴です。

まさに細胞レベルのスキンケア。


細胞を生み出す力の強い質の良い「幹細胞」には、「よく動く」という特徴があるそう。

富士フイルムは、「ボスウェリン酸」にその動きを活性化する細胞増殖因子「IGF-1」の分泌を促進する働きがあることを発見。

セルアクティブ セラムに入っているのは、お得意のナノテクノロジーで独自開発した「ナノボスウェリン酸」。

水に溶けない「ボスウェリン酸」の肌への浸透度が3倍にアップ↑↑↑

Image title

とろける「ナノオイルジェル」が、肌にすっとなじみます。

確かにオイルなんだけど、ベタつかず肌に同化する不思議な感触。

Image title


更に、幹細胞の働きへのサポートを強固なものにしてくれるのが、「ナノアスタキサンチンCP+」。


幹細胞の劣化を加速させるのは、紫外線などによる「酸化ストレス」と細胞が増えることによる「細胞複製ストレス」だそう。

アスタキサンチン」は高い抗酸化作用で紫外線や外的刺激による酸化ストレスから幹細胞を守り、「ニコチン酸トコフェロール」が細胞複製ストレスを抑制!

この2つを独自技術でナノ乳化させたのが「ナノアスタキサンチンCP+」です。


Image title


1ヵ月使ってみて、変化を一番感じたのは、実は首すじ。

今年の夏は汗に注意したつもりなのに、首がくすんでザラザラ。。

顔面の黄グスミがひどい分、首は年齢の割にマシ、むしろ美肌ちゃう?と勝手に自負していたので、ショックを隠し切れませんでした。


9月も暑い日が続き、汗ばむことが多かったので、肌馴染みのよいこのセラムをメインに首をケア。

(といっても顔のついでだけど。)

汗にも負けず、クスミ・ザラつきが見た目にはっきりと解消されました。

顔への効果は、まだ自覚できていませんが、期待できそうです!


ちなみに、一見ジェリー アクアリスタに似てるのかなと思いましたが、肌にのせた感じが全然違ってました。


色はもちろん両方 赤。アスタキサンチンの赤です。

形状は、肌にのせる前は両方ジェルっぽい感じ。

セルアクティブ セラムは、のせた瞬間とろけてきます。

Image title

香りも、ジェリー アクアリスタは定番のローズの香りですが、セルアクティブ セラムは、”ベルガモットを基調に、印象的なローズジャスミン、心を満たすムスク、ウッディ、アンバーなどを調合。”

とても優雅で、深呼吸したくなる上品な香り♡


エイジングケアの決定版ともいえるシリーズが新たに登場し、これからの展開が楽しみです!!

※残念ながらドラッグストアでの取り扱いはなし。東京大阪の取扱店はこちら。ネット販売はこちら

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN