人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【溺愛】全てに感動♡至福のエイジングケアラインITRIM(イトリン)を完全レポート!

スキンケア

「あれ?美白モノだったけ?」と思うくらい、40代の肌を明るくしてくれる、驚異のスキンケアライン。

マキアオンライン編集部様よりご提供いただきました。

Image title

■ ITRIM

  エレメンタリー ポイントメイクアップ リムーバー 75mL 8,000円(抜)

  エレメンタリー フェイスクレンジングクリーム 110g 12,000円(抜)

  エレメンタリー フェイスソープ 80g 10,000円(抜)

  エレメンタリー スキンローション 125mL 18,000円(抜)

  エレメンタリー スキンエマルジョン 75mL 20,000円(抜)

  エレメンタリー スキンクリーム 35g 38,000円(抜)


ITRIM(イトリン)は、と(とても)、凛」と生きることから付けられた名前。

肌を、その人自身を映し出す”いのちの衣服”として、身につけることで品格まで纏ってしまうような最上のドレスを贈りたい。そんな素敵なビジョンをもったスキンケアブランドです。

コスメを使う上で、ブランドコンセプトをちゃんと知っておくのは、成分やテクノロジーを知っておくのと同じくらい、とても大切なことだと思う。使うときの高揚感が違うから。


9月1日に発売されたエレメンタリー ラインは、美しい肌印象を左右する、肌内部のメラニン量血液皮下組織の状態という基本的なエレメントに着目したシリーズ。

いわゆるオーガニックコスメですが、原料の調達は、日本国内で土から育てるという農法を守り続ける農家を、独自に発掘したというほどの徹底ぶり。

そして有用性のエビデンスも、大学などの研究機関との連携で分析し、ちゃんと得ているそう。


Image title


全てのアイテムに通じるのは、深呼吸したくなるほど心地よい、そして力強い芳香植物の香り。

感情や感覚に深く訴えてくるよう。この香りでスイッチが入ります。

美しい丸みを帯びた容器は、国際的なアワードで数々の賞を受賞しているデザイナー吉岡徳仁氏によるデザイン。


コスメとしても、もちろんそれぞれが優秀!


ポイントメイクアップ リムーバーは、使う直前に振って混ぜる2層タイプ。

Image title

この赤は、整肌成分シコンエキスの色だそう。


ウォータープルーフのアイラインもしっかりオフ。でも、しみにくいのが特徴です。

Image title

私はシルコットうるうるコットンスポンジ仕立てを使用。

凹を下まぶた、凸を上まぶたに当てて、スライドさせてふき取ります。


フェイスクレンジングクリームは、4~5cmが適量。

ふっと軽くなったら、メイクとなじんだ印。

Image title

ウォータープルーフの落ちにくいアイライナー以外は、ほぼ落とせます。

(ポイントメイクは、ポイントメイクアップリムーバーに任せるので、問題なし。)


2つの落ち具合をスライドにまとめましたので、よろしければご覧ください。

(オフした後の肌の透明感にも注目!)

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

カバーマークのファンデ<モイスチュア ヴェール LX>を塗った上に、

マークジェイコブスのリキッドアイライナーでラインを描き、

ダズショップスパークリングジェムを塗って、、、

【左】ポイントメイクアップ リムーバー …数秒置いて、スライド

【右】フェイスクレンジングクリーム …5なで

【左】ポイントメイクアップ リムーバー …もう1回スライド

【右】フェイスクレンジングクリーム …10なで

【左】ポイントメイクアップ リムーバー …特に手を加えず

【右】フェイスクレンジングクリーム …少量のぬるま湯で乳化

【左】ポイントメイクアップ リムーバー …完全オフ!

【右】フェイスクレンジングクリーム …うっすらアイライナーが残ってしまいましたが、他はキレイにオフ!


これも大好き。機械練りではなく、枠練り石けん。

枠に流し入れて、時間をかけて冷やし固めて作られた美しい石けんです。使うのもったいなかったっ。

Image title

ヘマトコッカス藻の天然の色を生かした、鮮やかなルビー色。

その赤みを帯びた、ふんわり繊細な泡で洗うのが、もう心地よくて。至福です。

Image title


ローションやエマルジョン、クリームだけでなく、これら3点のクレンジングアイテムにまで、立山の水、温泉水、アロエベラ液汁、ラベンダー花水を使うなど、とにかく成分にもこだわりまくり。

まるで美容液で洗ったかのようなしっとり滑らかな洗い上がりで、肌の透明感もアップ。


スキンローションは、コットン使い推奨。

Image title

2枚のコットンを左右の手に持ち、深呼吸をして左右対象に滑らせていきます。

さらっと、でもみずみずしく肌を潤し、間をおかず次に進めるなじみのよさ。


スキンエマルジョンもコットン推奨。

Image title

ローションと同じく2枚使いですが、こちらは肌にコットンを押し当てるようにゆっくり点置き。

更に少量(ひと振りぶん)を手のひらで顔全体になじませると、肌がふっくら、潤いに満ちてくるのが分かります。


普段のスキンケアはほぼ直塗りですが、このラインに関してはコットン使いの方が美容効果の高まる気が。

エステの施術を受けているような優雅なプロセスで、サロンにいる感覚になれるし。独特な芳香植物の香りも、より深く味わえます。


もっとも高級感のあるアイテムは、やっぱりこれ。スキンクリーム

品格さえ感じさせてくれる、美しい佇まい。

Image title

やはり高級感あるスパチュラ付き。


スパチュラでとったクリームを、指先で軽くたたくようにして温めてから、顔に塗っていきます。

Image title

かためのテクスチャーかと思いきや、肌の上でとろけるようになじんで、ベタつかない!軽い!

それでいて、もっちり艶やかな肌に仕上がります。


そう、ローション → エマルジョン → クリーム の基本3点は、テクスチャーにまず感動。

すっと肌になじんでくれるので、時間をおかず、次々重ねられます。

クリームを塗り終えると、ベースメイクのための理想的な肌環境が整っている状態。


しばらく使い続けるうちに、肌が明るくなってくるのを実感。(美白系アイテムはスポッツのみ使用。)

使い始めたのが10月で、夏グスミの名残の残る時期だったから、余計そう感じたのかも。「あれ、美白コスメだったっけ?」とサイトを再確認しました。(特に美白というキーワードは見当たらなかった。

キメが滑らかに整ったことで、明るく感じたんだと思う。

定期的に出てくる大人ニキビも、いつの間にか見かけなくなりました。

まさに肌の土台のエレメントを整えてくれるライン。

Image title


お値段的にはかなりのものなので、まずどれかひとつ試すとしたら、私はスキンエマルジョンをオススメ。

軽いテクスチャーながら、美容液のような濃密さを持ち、スキンケアの締めにもできるし、エレメンタリー ラインの特長を十分実感できると思う。


更に今なら、このエレメンタリー ラインを約10日間じっくり体験できる、フェイスケア5品とシャンプー、コンディショナーをセットにした豪華なキット(ITRIM エレメンタリー ホリデーキット  25,000円(込))も発売中。

越前「雲海和紙」を用いた和装にも似合う赤のフラットポーチ付きです!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN