アイクリーム難民の答えはコレ!オバジで目もとにハリを出す!

スキンケア
いいね! 8件

アイクリーム難民の私が珍しくリピート。

Image title

オバジ ダーマパワーX アイスペシャリスト 20g 6000円(抜)


決め手は、目もとのハリです。

前回の使用で、気になってた左目目尻下のしぼんだ感じがふっくらよみがえったのを実感できたので。(→記事はこちら。)


29才のとき左目目尻下に傷ができ、そこから乾燥ジワができやすくなったため、アイケアデビュー。

今考えると遅すぎるデビューですが、でもおかげで、右目はいまだに乾燥ジワができにくいです!

(「まだシワ無縁だし」というアラサーの方も、今から始めて下さいまし。)


さて、そんな私は、おゲランオーキデ様、(以下敬称略)ドゥ・ラ・メール、ヘレナ、シスレー、アモパシ、ディオール・・・

1.5万超の数々のアイクリームをむさぼり試してきましたが、どれも乾燥ジワ、小ジワにはそこそこ効いてくれるという感じ。

でも、こと「ハリ」となるとこれが一番実感できたかも。

Image title

もちろん、タイミングもあると思います。

でも、今まで使ってきたアイクリームの半額以下のものが効いたのなら、もうこれをリピるでしょう。

(正直、間にヘレナリプラスティ プロ フィラー アイ&リップのミニサイズ使っていて、小ジワへの即効性という点ではずば抜けていたので、迷いはしたのですが。<6000円/20g>対<19000円/15mL>の対決を制したのは、やはりオバジでした。)


 同じラインのダーマパワーX リフトクリームは、2015年下半期ベストコスメ クリーム部門1位のアイテム。

Image title

ダーマパワーX アイスペシャリストは、配合成分がほぼ同じ。

違うのは、エラスプロが2倍配合されているのと、アイスペシャルコンプレックスが配合されていること。


エラスプロは、ロート製薬が発見したエラスチンの量をさらに増やしてくれる成分。

そもそもこのダーマシリーズは、ハリ・弾力アップのため、コラーゲン・エラスチンに着目したライン。

コラーゲンを下から支えるバネにあたるエラスチンを増やすことが、エイジングケアに不可欠というわけです!


Image title

やや固めで、肌馴染みのよいテクスチャー。

乳液やクリームの後に使います。

Image title


肌馴染みのいい分、フィリップス ビザピュア アドバンスの滑りはイマイチ。

クリームや乳液を塗った後、すぐにアイクリームを重ねて、フレッシュアイヘッドでの引き締めケアに入ってます。

これで、ムクミもケアできるので一石二鳥。

Image title


「目力を決めるのはメイクだけじゃない」というのは、アラフォーになってつくづく感じていること。

しっかりメイクしてるはずなのに、目もとの印象がぼやけてきたと思ったら、ハリ不足が原因かも。

美顔器やマッサージでリフトアップするのに加え、是非ハリ対策コスメを投入してみてください!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN