シミ美容液のド定番!【ベストコスメ2016上半期美白部門第1位】をリピート!

スキンケア
いいね! 2件

一番リピートしているシミ対策美白美容液。

MAQUIA ベストコスメ2016上半期 美白部門 第1位

Image title

HAKU メラノフォーカス3D 45g 10,800円(込)/45g(レフィル) 10,476円(込)


これだけリピートしているのは、(シミ&シワ用コスメにはお金に糸目をつけない)私のシミに一番効いたからです。


美白有効成分は、すばやく浸透する「m-トラネキサム酸」とじっくり効く「4MSK」。

ともに資生堂が独自開発した成分。

長年の研究で-イオンを持つ「4MSK」と+イオンを持つ「m-トラネキサム酸」を組み合わせることで、肌への浸透力が高まることを発見したそう。


で、肌の奥深くで生成される「アンダーメラニン」に効いてくれるワケです。


そして、整肌・保護成分として「アンダーシールダー」も配合。

これは、シミの発生を抑制する、表皮と真皮の間で壁の役割を果たす「基底膜」に有効な成分。

基底膜」を構成する成分の減少を抑制したり、「基底膜」の産生を促進する成分でできています。

Image title

まさにポーラの肌分析で、この部分の凹凸がなくなりかけていて状態がよろしくない!そして潜在シミが多い!という残念な結果を出してしまった私がケアすべきところ。(上の写真の矢印のとこ)


更に、リニューアル後のHAKUは、3Dターゲティング処方を採用。


これまで平面でしか解析できなかったシミのある肌のメラニン分布を、初めて立体的に解析することに成功。

メラニンは、皮膚の表面~中部では拡散して点在深部では固まって密集していることが分かったそう。

そのデータから開発した処方で、メラニンの生成ルートをあらゆる方向から狙い撃ち!


Image title

クリームっぽいテクスチャーで、まさにシミを狙い撃ち!できますが、私は2プッシュを、シミの多い箇所を中心に、顔全体に塗り広げながら使用。

なぜなら、一番目立つ頬のシミばかり狙い撃ちして、気が付いたらフェイスライン付近にも大量にシミが発生していたためです。。

(潜在シミを全くケアしていなかったという、とんでもない大失態。。)


おかげ様で、フェイスライン付近のシミはかなりマシになりました。

更に、気になっていた一番濃いシミの中にできつつあったもう一段濃い部分も、だいぶ薄くなってきています。


ということで、できたてのシミほど、効果が期待できますよ!

(新しいHAKUの前に使っていたアスタリフト ホワイト エッセンスインフィルトの効果も大きいかと。→こちらの記事でも書いてます。)


Image title

ちなみに、前回はリニューアル後の本体を購入したので、久々のレフィル交換でしたが、プッシュ式で完全に使い切れることに感動しました。(出てこなくなっても、まだあると思っていたら甘かった。。)


今シミに悩んでいる方、

まだシミの気配のない方(でも、私のように若い頃ガン焼きした過去を背負っている方)、

両方にオススメできる美白美容液です!

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN