【ポリッシュ派必見】百均コスメで完全マスター!?基本のフレンチネイル徹底解説!!

ネイル
いいね! 6件

基本中の基本だけど、意外と難易度の高いフレンチネイル。

今日はそんなフレンチネイルのやり方を、初めて!徹底解説します!

Image title


フレンチに限らず、セルフネイルでまず大切なのが下準備。

Image title

私は、粗さの違う3種類のファイルで、爪の長さ&形を整えています。(一番下のEternal Basic シルバーファイルとガラスのヤスリ)

Eternal Basic シルバーファイルの粗い方(100グリット)は、あっという間に爪を削れるので大変重宝。削り口を整えるため、徐々に粗さの少ないもの(150グリット→ガラス)でファイリングしていきます。

爪切りは二枚爪の原因になるので、なるべく避けてくださいね。


そして、甘皮の処理。

これは、MAQUIA本誌で「やり過ぎると爪にとってよくない」と読んだので、ほどほどに。

使っているのは、ネイルネイル キューティクルリムーブオイル N


たっぷり塗って、1分放置。

その後、スティックの先の丸い方で形を整えながら、四角い方で軽く押し上げます。

Image title


仕上げに、エリコネイル パーフェクトシャインで磨いて、表面を滑らかに。


ここまでやって、やっと本番。

使う百均コスメはこれです。

Image title

ダイソー フレンチネイルガイドテープ(深型アーチ)


ガイドテープは、①真ん中にラインが入っているもので、②アーチが深いものがオススメ。

ダイソーのガイドテープは、「深型アーチ」とありますが、理想はもうちょっと深いやつ。


ベースコートを塗ったら、ガイドテープを手の甲などに貼り付けて、粘着力をちょっと落としておきます。

(ハンドクリームなどの油分があると、粘着力が完全になくなってしまうので、要注意!)

Image title


私はクリアのフレンチが好きなので、カラーを重ねないことが多いですが、もちろん塗ってもOK。


Image title

ガイドテープを隙間なく爪表面に貼り付け、ホワイトのポリッシュをややたっぷりめにひと塗りし、すぐはがします。

(写真では分かりにくいですが、爪の端が浮かないよう、折り目を入れて貼り付けてます。)


一度塗りで仕上げるため、ムラなく塗れるポリッシュが必須。

私の定番ポリッシュは、OPI NL L00 ALPINE SNOW です。


(1)私、爪幅が狭いので、アーチの深さが足らない。。

(2)というときには、サイドを細筆で描き足します。

Image title

(3)はみだしたポリッシュは、竹串にコットンを巻き付け、リムーバーを浸して除去。

(4)スマイルラインがイマイチ美しくないですが、、、これで完成。


もし、ガイドテープをはがしたときに、ポリッシュがはみ出していたら、オレンジスティックにリムーバーを浸して、ラインを整えます。

Image title


なお、この写真のようにムラになった場合は、二度塗りが必要。

両サイド→真ん中の順で塗ると、ムラが目立ちにくくなるはず。


ちなみに、今回は写真が撮りやすいような位置で作業していますが、実際は、全てのプロセスを机に指を固定してやってます。

左手で作業をするときは特に!


はい、完成!!

Image title


フレンチは、スマイルラインが命。

ごまかしがきかないので(徹底解説しておきながら、ナンですが)シンプルなフレンチネイル、本当に苦手。。笑


この後、夏ネイルっぽくアレンジを加えましたので、またレポート致します!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN