【完全再現】M・A・C《AW16》トレンドプレゼン レポ!

メイクアップ
いいね! 5件

MAC AW16 トレンドプレゼンのイベントレポ!

M・A・C専属アーティスト池田ハリス留美子氏、ロメロ・ジェニングス氏の芸術的なメイクデモの様子を、余すところなくお伝え致します!


会場に入ると、色とりどりのMACコスメたちがお出迎え。

Image title

Image title

Image title

特に目を引いたのが、トロール人形とのコラボアイテムたち!

ポップでキュートで、見ているだけで気分が上がる「M・A・Cグッド ラック トロールズ」は、8/18数量限定発売。(オンラインショップのみ8/16先行発売)

Image title


これらカラーアイテムを駆使し、M・A・C専属アーティスト池田ハリス留美子氏、ロメロ・ジェニングス氏によるメイクデモが行われました。

”LOOSE””STRICT”をテーマにした、天使と悪魔のように対照的なメイクにマキアブロガーは大興奮!

Image title


去年のビューティ★テイストでも、パワフルなメイクショーを披露して下さった池田ハリス留美子さんの”KALEIDOSCOPE”が、個人的にかなりツボ。

→以前のメイクショーの記事はこちら


スキンが綺麗なので大胆なカラーが似合うのが、このKALEIDOSCOPEの特徴です。


アイメイクは、 スモール アイシャドウ x 9: ランウェイ ワーシー(7/2限定発売)のピンク(A)をベースにしながら、パープル(B)を二重の幅に。

Image title

ランウェイ ワーシーはプラム/モーヴ系カラーの9色パレット。なんと5400円(込)なんですよね。

デモでは使わなかった真ん中のピンクがもろ私好み。(もちろんタッチアップしました!別途レポ予定!)


アイメイクのキモは、反対色のブルーのアイライン。

このブルー、ものすごく効いてる!

ふんわりとした雰囲気が、これでキリっと引き締まり、しかもフレッシュな印象に。

Image title

そして、チークやリップ、アイにも使えるカジュアル カラーレイジー サンデーピンク)を、大きなブラシで、目の下にハイライトとして大胆に。

従来の明らかなハイライトとは一線を画した、ナチュラルな仕上がりです。

このように、シェーディングやハイライトをしっかり入れない、ふわボサな雰囲気がKALEIDOSCOPEの世界観が目指す肌作り。


チークは、頬骨の下に8の字を描くように入れてドレスダウン。

”頬の高いところにまるく入れる”というよくある入れ方より、モダンな雰囲気になります。


ブラシ使いがポイントだと思ったのは、リップとファンデ。

リップは、バーシーカラー ステイン 2色をなんと287 デュオ ファイバー アイシャドウ ブラシ でぼかし込みます。

Image title

これでフレッシュで魅惑的な質感が生まれつつ、あくまで軽く、メインの目元のカラーを邪魔しない仕上がりに。


ファンデは、クッションコンパクト(ライトフル C SPF 50 クイック フィニッシュ コンパクト)を197 デュオ ファイバー スクエア ポータブル ブラシ で。

平べったいブラシで、細いライン状にも、面でフラットにも塗れるのが特徴。

Image title

このブラシ、実際使ってみましたが、ものすごくよかった!

これからの季節、ベタつきそう→崩れそうなクッションファンデも、コンパクトで携帯可能なこのブラシがあれば、もう大丈夫。

薄付き&ツヤ付きで簡単リタッチ!


で、天使の完成!

Image title


天使のような妖精のような、独特な存在感。

もちろんモデルさん自身の雰囲気もあると思いますが、やっぱりカラーと質感のマジックによるところが大きいですね

Image title

ちなみに会場では、その目元の美しさばかりに目がいっていましたが、こうして写真を見ると、口元の魅力、目元との絶妙なバランスに気が付きます。

まさに計算しつくされたカラー使いにツール使い!



macleさん、お写真いただきました~。


対するロメロ・ジェニングス氏の”SHARP”も、一見ハードでマネしにくい世界観に見えますが、実はマネしたいメイクテクがいっぱい!

>>>次ページに続く


Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN