夏の蓄積ダメージも一発解決!?効くヘアトリートメントはこう使う!

ヘア
いいね! 2件

お肌のカンフル剤が美容液30mL以上配合のマスクシートなら(→この記事

ヘアのカンフル剤はこれでしょう。

(確かマキアのベストコスメ「ヘアケア部門」で1位になったこともあるはず。)

Image title

パンテーン クリニケア 毛先までパサついて傷んだ髪用 ワンウォッシュトリートメント 15g×10 1512円(込)


ホームページからもリンクしているアマゾンのページから購入。

(夜近所のドラッグストアで買おうとして予想外に高かったので、アマゾンをチェックしたら、このページを発見。早速注文したら、翌朝届くという快適さ!プライム会員だから送料無料だし!)


↓アマゾンのラベルを貼ったまま撮ってしまった☆

Image title


1年半前くらいにカラーリングをやめたのですが、地毛が肩のところまで伸びてきたので、思い切ってカット。

したのですが、まだ毛先にちょっと残っていて、ここの部分のパサつきが。。

”2年間の深刻なダメージに”というキャッチフレーズ、惹かれます。


Image title

久々の購入ですが、使い切りのトリートメントって、旅行にも持って行けるから本当に便利!

特別感もあるし、ロングヘアだった頃は常備コスメのひとつでした。


セミロング、しかも短め、しかも毛量少なめの今の私には、1回分はかなり多いですね。

Image title


ロングの頃は絞り出すように、出し切ってましたが、今は適度に。

一緒に使うのは、こちらです。三種の神器と勝手に呼んできました。

Image title

アルミじんわりキャップ無印パイルバスキャップ、そしてホテルのアメニティのブラシ。

(無印のキャップはもう10年近く使っているかもしれないので、そのうち買い換えます~。)


トリートメントを塗りたくったら、ブラシで梳かして行き渡らせます。

熱めのお湯で濡らして搾ったパイルバスキャップ、その上からアルミじんわりキャップをかぶって湯船に浸かったら、セルフスチーム状態の完成!

これで、トリートメントの浸透度はぐっとアップ↑↑↑


細いネコ毛の私の髪に適度な重みが出て、毛先までしっかりしっとりまとまってくれます。


この「毛先のまとまり」のために、髪を乾かすときにも一工夫。

といっても、定番の冷風で締めるというヤツ。でも、これもきちんとやると差が出るんですよ。

ロング時代の写真ですが、これ、ストレートアイロンを当てる前後の比較写真。

Image title


次も同じく、ストレートアイロンを当てる前後の比較写真。

使うヘアケアアイテムは何一つ変えていません。

下は、「冷風をあてる」プロセスをより丁寧にやりだすようになってからの写真なんです。

Image title

ただなんとなく冷風を当てただけでは出せない、毛先のまとまりをご覧くださいませ。

我ながら、before同士の差に愕然!!!


使っているドライヤーは両方とも、パナソニックビューティのドライヤー ナノケア。モードは、熱すぎないスカルプモード

これで7割くらい乾かした後、冷風に切り替えるのですが、このとき、美容院でやってもらうように髪にテンションを加えながら丁寧に、根元から毛先に向けて冷風を当てていきます。

(ブラシでテンションを加えるのは難しいので、手でやってます。)

Image title


ここまでやったら、翌日どころか翌々日までとぅるんとぅるんで、触り心地のよい髪に。

夏の間に紫外線を浴びてしまった方の「応急処置コスメ」としてもオススメです!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN